2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プレミア観戦

4月19日(土)、初めて念願のサッカープレミアリーグの試合を観て来ました。
Fulham vs Liverpool (Craven Cottage Fulham FC にて)。
スタジアムは家から電車で30分くらいのところでした。

先日行った Arsenal の Emirates Stadium とはだいぶ違い、こじんまりとしていました。
でもこういうのはグランドに近く、一体感があっていいと思います。
席はまたゴール裏で、全体がとてもよく見渡せました。
b0132411_8114163.jpg

(少し早めに着いたので練習風景を見ることができました)

Liverpool と言えば、Fernando Torres(Spanish) と Steven Gerrard(English) ですが(スポーツニュースで見るとやはり得点する人が中心に映るので、他の選手はほとんど知らない・・^^;)、
この二人のプレーを観るのを楽しみにしていたのに、なんと二人とも出場せず・・(泣)

前回のブラジル戦の時のよう。。

(どうも来週のチャンピオンズリーグの為に二人を温存しているんじゃないかと思われる・・。)

救いは Peter Crouch(English) が出場していたこと。
ヒョロヒョロ~っと背が高くて足もメチャメチャ細くて(羨ましい!)、サッカー選手とは思えない体つきだけど、意外と得点するのでこの人のことは知っていたのです。
実際見てもやっぱり足が細くて少し猫背がちで、ボールを蹴るのもなぜかスローに見え、ボールの取り合い絡むと足が折れそうで観ている私がヒヤヒヤする。

ちなみに私たちは一応 Liverpool の応援。
もうリーグ優勝の可能性はないし、いい試合が見れればそれでいいのだけど。
Fulham は一部リーグ残留が危ういので逆に頑張って欲しいところ。

試合開始直後はFulhamもいい動きをしていたが、早々に Liverpool の Jermaine Pennant(English) がゴールを決めました。
彼のことは全く知らなかったし小柄な選手だけど、動きは早いし、正確だし、観ていて安心できる選手です。
私たちがいた席はどちらのチームにも属さない中立席だったのですが、Liverpool の応援席が近く、周りも Liverpool サポーターが多かったようで大変な盛り上がり。
応援するのも皆揃っていて、選手ごとの(全員分あるかは知らないが)テーマ曲を歌ったり、興奮して足を鳴らしたり。
(足を慣らされると振動が伝わり席がものすごい揺れて怖い。底が抜けそう・・)

途中 Fernando Torres がアップしている姿も見えたので、Fulham が一点返して、後半に彼が出てこないかな・・と密かに期待していたのでした。

さて、後半。
そんな思いとは裏腹に、Peter Crouch が二点目をゴール!
席に近い側でのゴールシーンだったので、結構感動しちゃいました。
知っている選手が結果を出してくれたので嬉しい。

この日は雨も降ったし、真冬並みの寒さ。
凍えながらの観戦でした。
4月も後半だというのに、一体いつ暖かくなるのでしょうか。。

この日は朝、夫とゴルフの打ちっぱなし練習場に行き、午後3時から試合観戦、帰って来てからは近所のパブでビールにフィッシュ&チップス。
b0132411_19431077.jpg

イギリス三昧の大満足な一日でした。
[PR]
# by miepoohsuke | 2008-04-19 22:15 | 娯楽(Entertainment)

Line and Limited

4月17日の作品。

限られた花で、美しく見せるアレンジ。
一本一本の茎のライン、葉の付き方を考えながら作る。
(必要ない葉は落とす→見せたい茎や葉を際立たせる為)
生け花のイメージ。

スタイル(形)は自由。

b0132411_5393965.jpg


b0132411_5401026.jpg



使った花材

お花:
・バラ(ピンク紫)
・ベロニカ(濃い紫&白)
・蘭(白)

グリーン:
・名前?(赤っぽい葉)

その他:
・枝(赤)

☆作り方☆
・一本一本をじっくり観察し、どういう形にすれば美しく見せられるか、上に伸びる作品にするのか、横に広がる作品にするのかを考える。


★ポイント★
・アレンジ全体の形できれいに見せる西洋のやり方ではなく、個性を活かし花がない部分にも花が咲いていることを想像させるようなスタイルにする。
・土台にはインパクトのある大きめの葉を取り入れると、重量感が出る。
・空間を残す。(花材を入れすぎない)
・均等にしない。



【感想など】
生け花のイメージと言われてもなかなか理解しづらく、「スタイルは自由で」、と言われるとおもしろみがある反面、非常~に難しい。

一本目を挿すまでにどれだけ時間がかかったことか。。

今回市場でお花を買う際真っ先に目に付いたバラ。封を解くと茎が妙に曲がっているのが数本入っていた。ちょっと変わっていておもしろいのでそれを活かせるように作ることにした。

赤い枝を挿したことでちょっと生け花っぽくなったような・・

右前に挿した赤みのある葉は形をうまく出せたと思う。
[PR]
# by miepoohsuke | 2008-04-18 05:59 | フラワーアレンジメント(Flower)
3月27日に作った作品。

ディナーテーブルのセンターに飾るようなスタイルのアレンジ。
(トラディショナル)

b0132411_5141579.jpg


b0132411_5153682.jpg



使った花材

お花:
・カラー(白)
・ラナンキュラス(黄色/オレンジ)
・デルフェニウム(水色)
・菊(ライムグリーン)

グリーン:
・八つ手
・ベアグラス(細い)
・ピットスポラム
・アイビー


★手順★
・グリーンで横の長さ、縦の長さ、高さを決める
・3種のグリーン、3種の花でそれぞれラインを作る(グルーピング)。
(右上がりの斜め、右下がりの斜め、横)
→すべてのグリーン&花が真ん中に集中し、そこがフォーカルエリアとなる。

☆ポイント☆
・食卓に飾るのでフォークなどカトラリーの邪魔にならないように楕円のアウトラインにする。
・食卓に座った際向かいの人の顔を隠さないよう、低めに作る。


八つ手は丸いので、ベアグラスを加えることで流れる感じを出した。

菊でサイドを挿すときも、上向きに挿すとスッキリしてボテっとならない。
[PR]
# by miepoohsuke | 2008-04-18 05:19 | フラワーアレンジメント(Flower)