2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

想像することでつながる

25日の金曜日に学校を卒業しました。
10週間という短い期間でしたが、とても10週間とは思えないほどの中身の濃い毎日でした。
予想していた通り、課題に追われ毎日息苦しい思いをしていました。
学んだ内容については追々記載していきたいと思います。

卒業式前日、校長先生による講義がありました。
そこで紹介してくれたのが、19日の朝日新聞に掲載された山田洋次監督の記事でした。
それが「想像することでつながる」というタイトルです。

一部を抜粋します。

 東日本大地震で、大きな悲劇の中にいる人たちに、僕が何を伝えたらいいのか分かりません。
 家を失い寒風にさらされている人に、海に襲われて水の中で果てた人に、東京の家の中から何かを言うことなんて・・・とてもできませんよ。
 
 こんな時、自分たちに何ができるのかという声を良く聞きます。それも大事だけど、被災した人たちの悲しみや苦しみを、僕たちはどれくらい想像できるのか。そのことがとても大事だと思うのです。現地の人たちの心の中をどれくらいイメージできるのか、自分に問いかけ、悩む。そこから何かが学びとれるのではないでしょうか。

 もう一つ大事なのは、この大災害に、僕たちの国の政府がどう対応するのか、きちんと監視してゆくことです。原子力発電所の問題などで、きちんと情報が伝わってこないことが腹立たしいですが、そういうことも含め、国民として政府の動きをよく見ていて、問題ありと判断した時は、きちんと抗議の声をあげる。そうすることが、被災者への応援になると思います。



被災された方の、悲しみ、恐怖、これから先の不安、絶望。。
経験をしたことのない人にその苦しみがわかるはずはない。
今みんなが一生懸命応援しようとしているけれど、どんなに頑張っても被災された方の心をわかることはできないんだな、と思いました。
決して「わかった気」になってはいけない。そういうことなんだと思います。

でも、「想像して」、「わかろう」と努力することはできます。
それが大事なことだと思いました。


自分ができることをして少しでも力になりたい、と行動を起こすことは素晴らしいし、各国から祈りを捧げてくれている、と、そんな話をあちこちから聞き、本当に心が打たれます。

ロンドンでもたくさんの人たちが自分なりに動いていることを知りました。
私も学校が終わってようやく落ち着いたので、自分にできることを考えて行動したいと思います。

復興までの道のりは随分長くかかりそうです。
今だけではなく、ずっと続けられる何かを見つけたいと思っています。

募金はしたけれど、言ってみればそれは夫が頑張って稼いでくれたお金。
私のお金じゃない。。
私が自らできることで微々たることでも貢献できたら、と思います。
それが何か、見つかったらまた報告したいと思います。

今度ロンドンでチャリティーコンサートが開かれるようで、そのボランティアをやらせてもらうことになりました。
私の中での小さなはじめの一歩です。

マラソンランナーのマーラ・ヤマウチさん(在日イギリス大使館で勤務されていました)、ポーラ・ラドクリフさんたちが "Run for Japan" という企画を始めてくれたそうです。

夫はこの企画を知り、早速社内に呼びかけをしたようです。

それぞれが、苦しむ人たちの苦難を想像して思いやる、そしてできることをする。
それで、被災された方の力に少しでもなれたらいいな、と思います。

それから、政府の動きを監視することも絶対に必要だと思いました。
誤った方向にいかないように。国民の声を大にして反映させないと。

義援金も今回は過去最高額で、分配も困難な様子。
裾野の私たちが頑張って義援金を集めたり募金したりしても、結局トップがしっかりしていないと何にもならない。
その辺もきっちり見ていかないと。
募金をするだけで安心してはならないと思いました。

幸い今はネットが発達して意見を言いやすい時代になっています。
それを有効に使わなければと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2011-03-28 02:21 | ロンドン(London)
今朝は現地の小学校を訪問しました。
小学校に併設されているReception(4~5歳児)のクラスで行われるPhonixの授業を見学しました。
その後、私たちが日本の文化を紹介するように頼まれていたので、日本の歌を紹介しました。

5~6歳の子どもたちだけ20人くらいを相手に行う、と聞いていました。

が、ふたを開けてみたら。。
「小学校全校生徒200人が体育館に集まるからそこでやってほしい」
と校長先生に直接言われました。

え~っ!聞いてない。。。><

準備する間もなくすぐに会場へ促され、、
みんなの注目を浴びました。

集会は最初に校長先生の挨拶。
今日は"Special Assembly"だよ。と言って始まりました。

カトリックの学校だったので、普段からお祈りをしているのでしょうが、
「地震、津波に見舞われた日本のためにお祈りをしましょう」
と言って、まず全校生徒が祈りを捧げてくれました。

5歳くらいの小さな子から11歳くらいの子どもたち。一生懸命お祈りしてくれました。
神様に届きますように。。

金曜日の地震当日から国連やオバマ大統領が「できることは何でもする」と言ってくれたことはとてもありがたいし、実際に各国から救援隊が到着しているし、こうして世界の人たちがお祈りをしてくれることはとても励みになります。

イギリス人の友だちも土曜日の朝一番に心配して電話をくれました。ニュースを見て泣いてしまったと言っていました。

つい今しがた、イギリスのキャメロン首相も日本のサポートについてコメントをしました。
イギリスからの救援隊、救援物資とも昨日日本に到着しています。

ロシアも電力の供給を用意してくれている、とニュースに出ていました。

世界の国々に感謝の気持ちでいっぱいです。




さて、私たちの今日の学校でのアクティビティ「日本文化紹介」について。

選んだ曲は「むすんでひらいて」。

私は普通にこの歌詞をこんな風に歌っていたのですが、意外に知られていないことにビックリ!!
みなさんはどうですか?

♪むすんでひらいて 手を打ってむすんで
 またひらいて 手を打って その手を 上に~。

 おひさまキラキラ おひさまキラキラ おひさまキラキラ 光ってる

♪むすんでひらいて 手を打ってむすんで
 またひらいて 手を打って その手を 横に~。

 飛行機ブンブン 飛行機ブンブン 飛行機ブンブン 飛んでいる


何を歌おうかクラスメイトと話し合っている時、「飛行機とかいろいろな動きがあっていいんじゃない?」ってこの歌を提案したのですが、「飛行機って何??」って聞かれたんです。
まさかみんなが知らないなんて思ってもみなかった!

でもこれが採用され、他にもいろんな物や動物を混ぜて、日本語を紹介しながら歌おう!ということに。


最終的な歌詞はこうなりました。

♪むすんでひらいて 手を打ってむすんで
 またひらいて 手を打って その手を 

 (上に~)
  お星さまキラキラ お星さまキラキラ お星さまキラキラ 光ってる

 (頭に~)
  うさぎはピョンピョン うさぎはピョンピョン うさぎはピョンピョン はねている

 (口とおしりに~)
  あひるはクワックワッ あひるはクワックワッ あひるはクワックワッ ないている

 (胸に~)
  ゴリラはウホウホッ ゴリラはウホウホッ ゴリラはウホウホッ 強いんだ

 (前に~(グワ―ッ))
  ワニはグワ―ッッ ワニはグワ―ッッ ワニはグワ―ッッ 威張ってる

 (ひざに~)
  おすもうドスコイ おすもうドスコイ おすもうドスコイ はっけよい

 (横に~)
  飛行機ブンブン 飛行機ブンブン 飛行機ブンブン 飛んでいる

 (前に~(横の人の方に手を乗せる))
  電車はガタンゴトン 電車はガタンゴトン 電車はガタンゴトン 走ってる

歌の前に、歌に登場する物や動物の絵を見せ、日本語を紹介。
そのあと手遊びの仕方を練習しました。

みんな結構素直にやってくれたし、意外に日本語を知っているんです。
おすもうさんの絵を見せたら 'Sumo!!' っていう声があちこちから聞こえてきました^^
よく知ってるなぁ~。。

それに、一度紹介した言葉を、後から日本語で何だっけ?と聞くと、「ワニ!」とか、いくつか答えてくれた子もいました。

小学校の高学年にはあまりに子どもっぽい内容ではあって(そりゃ5歳時のために考えたんだし。。)、最初のころは彼らも恥ずかしいのかちょっとしらけているのか、、っていう雰囲気があったけど、ゴリラの辺りからノッてきたみたいで、一緒になってウホウホ手を動かしながら参加してくれました^^

歌詞までは教えなかったのに、見よう見まね(?)で歌っている子もいました。
全体的に盛り上がってくれたのでよかったです。

最後の挨拶で、「さようなら」を教え、そのまま手を振って去ろうと思ったら、どこからか「ありがとう」って言ってくれた子がいました。
慌てて「ありがとうございました」と私たちも礼をして脇に下がりました。


みんなとっても素直でかわいかったし、わずか30分程度の時間でしたが、とっても楽しめました。
「日本の子よりスレてない。。」って元小学校の先生だった人が言ってました。
本当のところはどうなのかな。。私にはわからないけど。。

やっぱり子どもはかわいいなぁ~。と改めて思った一日でした。

Phonixの授業についてはまた改めて書きたいと思います。 
[PR]
by miepoohsuke | 2011-03-15 00:56 | ロンドン(London)

地震

学校から帰ってきて、ずっと日本で起きた地震の報道を、BBC放送で見ています。

皆さん無事ですか??
心配しています。

東京でも電車も止まってしまったようで、家に帰るのも大変だったでしょうね。
まだまだ余震もあって緊張の日が続くと思いますが、くれぐれも気をつけて過ごして下さい。

イギリスでも、救援グッズを何千箱と用意して、日本に送る準備が整っているようです。


今日の夕刊は1面から7面まで全部が地震の記事です。
テレビのBBC放送でも地震のニュースだけをずっと放映しています。

新聞の写真もテレビの映像もあまりにも衝撃的で涙が出ました。
被害がこれ以上広がらないことを祈るばかりです。
[PR]
by miepoohsuke | 2011-03-12 03:04