2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

肉まん

連日寒いです。。
最高1℃なんかが続く毎日で、週間予報を見ると「最低-3℃、最高-2℃」なんて書いてある日もあって、もはや気絶しそうです><

そういえば昨日の朝、いつものように窓の結露を拭こうと思ったら、窓枠の下に溜まった水が凍っていました。
内側がですよっ!!
部屋の中なのに。。そんなことってあるの!?(・・あったワケだけど。。)

早速風邪を引いてしまったようで喉がカサカサするし、時々咳も出るし。。
あ~ヤダヤダ。
まだ11月なのに。。

そういう時はやっぱり暖かいものを食べるに尽きる!
土曜日の夜はキムチ鍋で汗をかくくらいホカホカになり、寝る前のお風呂にはDead Sea Salt(死海の塩)を入れて体の芯までポカポカになりました。

そして日曜日のお昼には肉まんを作って食べました。
b0132411_21294624.jpg

湯気が出てるんだけど、壁が白いからわかりにくいなぁ。。
b0132411_029946.jpg


肉まん大好き♪
スーパーで手軽に手に入るようならわざわざ作るなんてことはしないだろうけど、やっぱりこちらにいるとそうは行かず、先日日本で買って冷凍しておいたストックもなくなってしまったので、仕方なく作ったのです。

一次発酵がちょっと甘かったかなぁ。。
生地の伸びが今ひとつでした。(生地のきめが荒いですね)
慣れないからいちいちレシピを見て作業していたので、すっごい疲れました。
大きな蒸し器もないから、小さい鍋で何回にも分けて蒸して。
全部で3時間以上かかったかな。。
でも食べるのって一瞬。

ま、おいしく食べれたのでよかったですが。
具は、白菜、タケノコ、ネギ、玉ねぎ、しいたけ、春雨。
結構いろいろ入りました。

残りは冷凍したので、今週のお昼にホッカホカにしてまた食べたいと思います。


先日購入したポインセチア。
b0132411_21354861.jpg

スーパーで大量に売っていて、大きいので2.50ポンド、小さいので1.75ポンド。安っ!!!
(これは小さい方)

近頃部屋にお花が全然ない状況なので、せめて、と思って買いました。
かわいいな~☆
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-29 21:39 | 料理(Cook)

St. Paul "One New Change"

St.Paul大聖堂のすぐ近くに"One New Change" というショッピングモールが10月下旬にオープンしました。

ずっと長い間工事をしていたけれど何ができるか知らなかったので、突如現れたガラス張りの物体!っと言う印象を受けました。

先月ロンドンに戻ってきた翌日に、時差ボケの中連れ出されて行ったのですが、その時はまだオープンしてないお店やレストランがたくさんだし、屋上のテラスもまだだったので、適当に見て軽くごはんを食べただけですぐ帰ってきちゃいました。眠かったし!

それで、11月18日にテラスがオープンしたので、翌日19日に友だちと再び行ってきました。
本当はテラスの階にカフェとレストランができる予定なのだけど、こちらはまだ。
屋上まで上がれただけでした。
でも、ガラス張りのエレベーターで St. Paul を見ながら急上昇した時は興奮しました^^♪
St.Paulがだんだん迫ってくる感じ。
b0132411_18522185.jpg

遠くに"London Eye"(観覧車)も見えます。
b0132411_18532872.jpg



曇り、雨ばかりの天気が続いていたけれど、この日は気持ちよく青空が広がっていました。
Si.Paul が映える~♪

この日もうっかりカメラを持っていくのを忘れ、Uちゃんに写真を頂きました。
ありがとうございます☆

高いところから景色を眺める、っていうのは本当に気持ちがいいですね。
気分が晴れ晴れします。
春になったらここのカフェに行ってみたいな~^^

ショッピングモールなので、お店とレストランは何軒か入っています。
レストランの数はあまりなく、目玉と言えば、☆3シェフGordon Ramsayのレストランが春にオープンするのと、イギリスで人気の料理家Jamie Oliver とアメリカ人シェフがコラボしたレストランが今月初旬にオープンしたこと。

Jamieの方は先日行った時に見てきましたが、お肉などのグリルのお店。ちょっとヘビーな感じがしました。あんまりお客さんも入ってなかった。。
一階がお肉屋さんのようになっていて、デッカイ肉が何本もつる下がっていて、ちょっとギョっとしました。。
買ってるお客さんが結構いましたけど。

お店もロンドン市内にチェーン展開しているものばかりなので目新しい感じはしませんが、観光客にとっては、大聖堂を見学したついでにショッピングするのにちょうどいい場所だと思います。

テラスからの眺めは気に入りました。
夜景もいいかもしれません。今度は暗い時に上ってみよう☆
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-24 19:08 | ロンドン(London)

Country Living Christmas Fair

11月12日に、Angel駅近くの Business Design Centre で Country Living という雑誌の会社主催のクリスマスフェアが開催される(11月10~14日)というので行ってきました。

とても大きな会場に国内のあらゆる場所から出店しているので、一度にたくさんの品物が見られて楽しいです。

ただ、入場するのに結構お高い入場料が必要なことがネック。。
前売りは12.50ポンド、当日だと16ポンドもするのです!!

中に入ってこれから買い物するのだというのに、最初からこんなに払って。。><
でも特別に割引された商品もちらほらありましたよ(元値が正確かどうかはわからないケド)。

チケットは友だちが事前に買っておいてくれました。
本来は午前中から開催されるのですが、午前中のチケットは売り切れだったということで14時から入場。(すごい人気なのね~)
b0132411_2024770.jpg


中に入ると人・人・人っ!!!
歩けませ~ん。。(涙)

もし夫が一緒だったら1分でノックアウトだわ。。^^;
b0132411_20225010.jpg


正面の大きなスペースにたくさんのブースがあり、それだけでも結構な数なのに、2階の脇にはまだまだ沢山のお店があって、途中休憩なんてしていたらとてもとても見切れないっ。
なので午後6時の閉店時間まで4時間、ノンストップで買い物。
さすがに疲れました。。

でもいくつか気に入ったものが買えたのでハッピー☆
戦利品はこちら。(クリスマスと全然関係のないものばかり。。^^;)
b0132411_20265252.jpg


左奥のアロマディフューザーは去年からずっと欲しかったもの。
ネットで購入はできても、デパートや通常のお店など、一般に売られていることはほんどなくて、郵便に多々不安があるこの国では極力ネット購入は避けたかったのでなかなか手を出せずにいたのです。
それにイギリスは電圧が240Vだから、帰国になったら手放すのかなぁ~とか考えて躊躇していました。(もちろん変圧器を使えばいいのでしょうけど)

閉店間際に見つけて、「この国を離れるまでもうそうそう時間はないというのに今更買うの!?」という気持ちと、「これからの冬、乾燥を防ぎつつアロマを楽しむのにちょうどいいじゃない!!」という気持ちが交錯しました。
時間がないっていうのにあ~どうしよー。焦る焦る。。

でも、せっかく今日ここに来てめぐり会えたんだし、ちょっと安いし、お店の人もとってもいい人だったし、買ってしまえっ!と決断したのでした。

家に着いて早速使ってみましたが、ものすご~くいいっ☆★
電源を入れた瞬間からアロマのいい香りが漂って、癒される~♪♪

それから、Country Living のダイアリー。
今年も使っているのですが、一週間ごとになっていて、毎週違う素敵な写真が載っています。
次のページを開くのがとても楽しみで、来年分も欲しいなぁと思っていたのでした。
ちょうど売っていたので迷わず購入。

表紙も中身もこんな感じで素敵です。(左が今年、右が来年用)
b0132411_2040783.jpg

b0132411_20412525.jpg

b0132411_2041521.jpg


このAngel駅界隈。水曜日と土曜日にやっているアンティークマーケット(Camden Passage)
が有名です。
用事がないとなかなか来ないこのエリア、まだそのマーケットに来たことがありません。
聞くところでは結構いいみたいなので、今度訪れてみたいと思います。

結構歩いて足もパンパン。
さて歩数は。。?
と思って万歩計を見たらたったの4000歩程度でした。
しかも「しっかり」歩数は見事に0歩。

買い物でタラタラ歩いてるくらいじゃ全然ダメなのね。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-14 20:52 | ロンドン(London)

Rememberance Day (Armistice Day)

Rememberance Day とは第一次世界大戦の停戦日の11月11日のことで、毎年11時になると2分間の黙とうが捧げられます。

日本でいう8月15日、12時のような感じですね。

夜のニュースで各地の11時の様子が放送されていました。

この日私は "Victoria & Albert Museum" にいました。
何の日かなんて全く知らずただ普通に見学をしていて、一緒に観賞する予定の友だちが博物館に着いたという連絡をもらって、正面入り口に戻ったのが10時58分ごろ。

携帯のメールでやりとりをしていて、携帯からふと顔を上げるとすべての人の動きが止まっているのでビックリ。
何の音も聞こえないし。。

慌てて携帯を隠して一歩下がりました。
「何何、何なの~っ?!?」

ただ今週が Remeberance Week だったことを思い出し、これが黙とうなのかな、というのがだんだんわかってきました。

後から11月11日の11時にはいつもこうなのだということを今更ながら知ったのでした。

それにしても、もうちょっとアナウンスを大きくするとか、鐘が鳴るとか、わかりやすくしてくれればいいのに。
黙とう終了の合図も、耳を傾けていたにも関わらずささやき声のような小さな合図で全然わからない。。

遠くにいた観光客はそんなことに気づくはずもなく、当然普通に見学していました。

ロンドンに来て5回目の秋になるというのに、私は今まで何をしてきたのかしら。。(恥)
ま、この時期日本に帰ることが多かったし、家に居たら気づかないし。。

その日の夜夫にこの話をしたら、会社でも黙とうをする、とのこと。
そんなの初めて聞いたよー。
そういうのもっと早く教えてくれいっ!

ちなみに明日の日曜日はRemeberance Sundayで、戦没者慰霊のミサがあちこちの教会で行われます。
そのミサには2年前に出席したことがあります。(その時の記事


さて "Victoria & Albert Museum" には、ヨーロッパやアジアなどの数々の装飾品が展示されています。
さすがイギリスとあって幅広いコレクションです。

"Japan"セクションもなかなか見応えがあって、鎧かぶとや刀、印籠コレクション、食器などなど、日本でもこれだけ集めるのは大変なのに、、っていう感じでなかなかおもしろいです。

今回の目的は舞台衣装を見ること。
ライオンキングの衣装はガラスケースではなく、生で展示されていたので迫力もありました。
その周りに中学生と思われる生徒たちが地べたに座って集まっていたのであまり近寄れなかったのが残念だったけど。
その他にも舞台衣装ならでは奇抜なものや、ドデカイ帽子なんかもありました。(シドニーのオペラハウスの形をした横長の帽子とか)

それからJewelleryセクションもすごいっ!
眩しいくらいに金銀、宝石がズラリ。

トルコのセクションのターコイズブルーのきれいなタイルやカーペットもなかなかよかったです。

館内は広いので一気に全部まわるのは大変です。
なので少しずつ。(入場無料なので助かります♪)
次はポーセリンのコーナーを見たいと思います。


お昼は Sloane Square 近くの "Le Cercle" というフレンチレストランへ。
見逃してしまいそうなほど小さな入口。
b0132411_520206.jpg

ランチタイムはセットメニューがあります。
3コースで15ポンド、4コースで19.50ポンド(コーヒーか紅茶付き)。
小さめのお皿で出てくるので4コースにしてみました。

最初に持ってきたメニュー自体が間違っていたり、食べるのを決めてオーダーしようとしたら「今日は○○がない」と言われて急きょ変更させられたり(最初っから言ってよ)、飲み物だけ頼みたいのにか~なり待たされたり、、と、「ちょっとちょっと。。」と言いたくなる面もあったけど、肝心のお食事は抜群においしかったです。

b0132411_5244024.jpg

b0132411_5265862.jpg

b0132411_5272190.jpg

b0132411_5274861.jpg


食後は Harrods へ。
入口のウィンドウ。

この一つのお部屋の中には、パイレーツのハロッズベアに、
b0132411_529966.jpg

ウェンディとピーターパン。
b0132411_5293149.jpg

ハリーポッター(中央)まで!
b0132411_5304970.jpg

と、盛りだくさんで楽しいディスプレイでした。

ハロッズには何故かキティーちゃんグッズがたくさん売られていました。
おもちゃコーナーだけでなく、おみやげのコーナーにも。
足の裏にはベアと同じように"Harrods"の文字が入っていました。
人気なのね~☆

b0132411_5333427.jpg

[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-14 05:41 | ロンドン(London)

Little Venice

今日は昨日までの天気とはうって変わって朝から晴天。
気温は相変わらず最高7℃ですけど。。><

寒くても太陽が出るとやっぱり元気がでます。
今日はWarwick Avenue の方に用事があったので、散歩がてら歩いて行ってみることにしました。
(明日は再び大雨になるというので今日のうちに歩かねばっ。という思いもあって)

距離は2マイルなので3.2kmくらい。
街並みを見ながら、そして知らない道を歩いてみたりしていたら、途中で迷ってしまいました。
方向はだいたいわかっていたつもりでしたが、線路や大通りをどこで渡れるかを知らなかったのでかなり遠回りしたみたいです。

途中で雑然とした道になってしまい、その間は足早に通り抜けるようにしました。

結果片道50分ほどだったかな。
Googleで今調べたら40分と出たので、迷った割にはまずまずでしょう。

ロンドンは大都会のわりに小さいので結構歩いてあちこち行けることがわかりました。

途中Little Veniceを通って、景色がとても素敵だったのでパシャり。
b0132411_412932.jpg

b0132411_4124155.jpg

b0132411_4131066.jpg
b0132411_4134240.jpg

b0132411_4143977.jpg

ここから出るボートでLondon ZooやCamden の方まで行けるので、一度乗ってみたいなぁ~と常々思っているのですが、ついついタイミングを逃していて未だ乗れていません。
春が来て暖かくなったら真っ先に乗りに行かなくちゃ。

帰りは途中でお買いものをしながらでしたが結局家まで歩き、今日は16283歩。
そのうち「しっかり」が12394歩でした♪
立派立派^^v

なんで急にそう歩き出したかって?!

先日骨密度の検査を受けたのですが、年齢の平均の84%しか骨塩量がないと出ました。
特に治療が必要、というわけでもなくてお医者さんも「まぁ様子見で。。」って感じでしたが、グラフを見ると65歳くらいの数値なのですよっ!!

お医者さん曰く、今この数値だからと言って、この先急激に下がると言うわけでもないらしいけど、あんまりにヒドイので少しくらいは運動せねばと思ったわけです。

とはいえ、運動って言ってもなかなかできない私。
月に一度ジムに行くか行かないかの生活をしているので、無理なくできる運動、それがウォーキングなのです。

これもいつまで続くかわからないですけどね。。
日に日に寒くなっていくし、雨の日はやっぱり、、ねぇ。。(弱気^^;)

でもしばらくは頑張って歩くぞ~っ☆
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-11 04:27 | ロンドン(London)

いよいよ冬。。

ついに冬到来。。><

先週までは風景を見ながら散歩をしてウキウキ楽しんでいたのに、今週は一気に気温が下がり、最高気温がわずか7℃。

朝から激しい雨と強風で、出かけるのをためらうくらいでした。
ダウンを着て、マフラー、手袋、帽子と完全防備で出発。

午前中にシャドーボックスのレッスンを受け、いつものようにお友だちとお昼を食べにパブへ入ると暖炉に火がついていました。

「うわぁ~っ、暖炉だぁー!!」
って感動♪♪
それほどに外は寒かった。。

じんわりと体を温めてくれる火のぬくもりはやっぱりいいですね。
日本にいるときも、エアコンよりも灯油ストーブがどうしてもいいのと同じ感じ。

日本にはなかなかない暖炉。
こちらではフラット(アパート、マンション)にもついている家があるけれど、実際には使わない(使えない)ところがほとんどです。
火の始末があぶないし、煙突のお掃除とか大変ですもんね。。
なので余計に嬉しかったのです。

今は7時過ぎにようやく明るくなって17時近くなると真っ暗。
日に日に日が短くなっています。
この暗くて寒い冬をどう乗り越えるか、これからの一番の課題です。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-09 09:06 | ロンドン(London)

Afternoon Tea @BVLGARI(銀座)

10月7日、お友だちに誘われ、銀座ブルガリのアフタヌーンティーに行ってきました。

12時からで予約は不可とのことだったので、張り切って12時に集合。
まだガラガラでした。。^^;

イギリスではアフタヌーンティーは大抵3時からなのでおなかの調整が難しいのですが、日本ではお昼代わりにできるでとてもいいです。

10階の室内と11階の屋上テラス席(季節限定らしい)があるのですが、この日はとても穏やかによく晴れた日だったので11階のテラス席を希望しました。

パラソルの付いたテーブル席と、籐でできたソファにふかふかのクッションが置かれた2つのタイプの席が用意されています。

日差しが気になるので始めのうちはパラソルの下にいました。
が、風が強くなったという理由でパラソルを閉じられてしまいました。
3人で使うにはテーブルが小さかったし、どうせパラソルを使えないなら、と、ソファの方に移動。

ゆったりとしていてとっても快適♪
周りは緑に囲まれて喧騒を忘れさせてくれるし、まるでリゾート地に来たみたい!
きれいな青空を仰ぎながらソファにのけぞりかえって昼寝でもしたら、ちょっとした悩みや疲れなど飛んで行ってしまいそう☆

友だちがこの雰囲気をうまく撮った写真をブログに載せてくれているので見てみて下さい!

さて、肝心のお料理ですが、、
3段スタンドではなく、3段のお重で出てきます。

最初はサンドイッチやミニハンバーガーなどの食事系。
b0132411_2029427.jpg

次はスコーンにキッシュ、ペイストリー。

最後はスイーツ。
マカロン、ムース、「ブルガリブルガリ」という高級な(一粒1500円もするという?)チョコレートなど。
b0132411_20293847.jpg

見た目も凝っているし、どれもすっごくおいしくて大満足でした。

この日はカメラを持たずに出かけてしまったのでMさんが撮ってくれた写真をお借りしました。
どうもありがとう^^

食べ終わってすっからかんになったテーブルに、空がきれいに映っていたのでこんな写真も撮ってくれました。
b0132411_20315662.jpg


それぞれ一人ずつ大きなポットに紅茶を入れてくれたのに、あっという間に飲み干してしまったようでまだちょっと飲み足りない感じ。。^^;

で、はしごしました。(お酒ではありませんヨ)

歩いてすぐの"HIGASHIYAGINZA"という日本茶が飲めるカフェ。
小さな和菓子などいろいろな種類があって上品でおいしそうでしたが、さすがに甘いものをたくさん食べた後だったのでお茶だけに。

お茶の種類は非常に豊富。
選んだお茶によって茶器も全然違うのでこれも興味津々。
ぺったんこの平たい急須は初めて見ました。

3煎まで入れてくれます。

ほのかな甘さと渋さが混じっておいしかったです。
高かったけど。。><

素晴らしい天気と、久しぶりの友だちとのおしゃべり、そしておいしいお料理。
贅沢な一日をありがとうございます。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-07 20:46 | 外食(Restaurant)

Kensington Gardens / Hyde Park

昨日は Kensington Gardens の方へ歩いてみました。
ロンドンのど真ん中にある広大な公園で、Hyde Park と隣り合わせになっています。
真ん中の細長い池を挟んで、西側が Kensington Gardens で、東側が Hyde Park。

b0132411_4555923.jpg

b0132411_456265.jpg

b0132411_4574638.jpg

b0132411_503745.jpg


この池の向こう側がHyde Park。
あの銀の丸い物体は何??
太陽光発電か!?
b0132411_54167.jpg

空が映ってます。
b0132411_553959.jpg

気になるので、向こう側へ渡ってみました。
橋の上からの眺め。
b0132411_563084.jpg

銀の物体ははレンズのように丸みを帯びていました。(BSのアンテナのような形。随分デカイけど。。)
説明など一切なく、何の意味があるのかさっぱりわからず。。
b0132411_585479.jpg

Poohさんみたいな形のカギ。
アンティークショップで売られているのを見たことがあるな♪
b0132411_510927.jpg

整然と並んでいます。
b0132411_5114593.jpg

歩き疲れたのでここで一休み。
b0132411_5125874.jpg

b0132411_5133790.jpg

桜の木、かな。グラデーションがきれい!
b0132411_516528.jpg

リスくん。結構ワイルドです^^; (目がコワイ。。)
b0132411_517964.jpg


行きはHigh Street Kensington 側から入ったので、帰りはNotting Hill 側から出てきました。
11926歩、歩きました~^^v
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-05 05:25 | ロンドン(London)

Holland Park の紅葉

ロンドンの木々は随分色付いてとてもきれいです。

家の前。
写真ではよくわかりませんが、例年通り落ち葉が歩道を埋め尽くしています。
枯れ葉の上をザクザク歩くのも楽しいけれど、雨が降ったりすると葉っぱが滑って危険です。
お掃除の方々、いつもありがとうございます。
b0132411_520281.jpg


公園に向かう途中にある一軒のお宅のエントランス。
白いシクラメンがきれいに並んで咲いていました。
鉢で見ることが多いけどここでは地植えで。玄関までずっと続いていました。
b0132411_5532584.jpg


Holland Parkの京都庭園。
赤、オレンジ、緑が混ざり合って美しい~。
水があると絵になりますね~^^
b0132411_5212797.jpg

b0132411_522814.jpg

b0132411_5224415.jpg


バスの中から見たHyde Parkもきれいでした。
明日はそちら方面を散歩してみようかな♪
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-03 05:26 | ロンドン(London)
土曜日、日本からロンドンに戻ってきました。
台風が近づいていたので飛行機がちゃんと飛んでくれるのか心配しましたが大丈夫でした。
その代わり飛行機はかなり揺れて、ただでさえ飛行機が怖い私は、肘掛にしがみついていました><

日本滞在の間は、いとこの結婚式に出席するため大阪に行ったり、弟が家族旅行に連れて行ってくれたり、友だちと銀座で優雅なランチをしたりと、いろいろ楽しんできました。
追々ブログにも書こうと思います。

出国の日はいつものように両親が見送りに来てくれたのですが、この日は土曜日だったということもあり、姉も子どもたちを連れて空港まで来てくれることになりました。

姉は実家から車で10分ほどの場所に住んでいて駅も近いのですが、その日は朝から雨ということもあり、私の大荷物もあるし子どもたちをどうやって駅まで連れて行ったらいいのかみんなで悩みました。

結局父の運転で、まず母と私が乗りこみ、途中姉の家に寄って3歳の子二人をピックアップして駅に向かい、父以外は駅で降りて待機、父は駅近くの駐車場に車を止め、その間姉は1歳の子をバギーに乗せて駅まで行きました。

8月に「スカイアクセス線」という京成の電車が開通し、「東松戸」駅から空港までダイレクトで行けるようになったので、最寄り駅から空港まで約1時間で着くのです。
早くてビックリっ!
重い荷物を持っての乗り換えは大変なので、1回乗換で済むのは大助かりです。

なので今回は今までより大幅な時間短縮になる予定だったのですが、子どもたちのことがあって時間が読めず、結局以前よりも早い時間に家を出ることになりました。。^^;

当日は非常に順調で、子どもたちも電車でグズることもなく、窓から見る外の景色と時々すれ違う電車に夢中でした♪

今回はANAを利用したので第一ターミナル。
新しくなってから利用するのは2回目ですが、飛行機が間近に見えて大人も結構楽しいですね^^
チェックインカウンターと同じフロアーだし、大きな窓の前には椅子もたくさんあって、さほど混んでもいなくて、そこで悠々と時間を使うことができました。

フライトの2時間半前に空港に到着したので、随分余裕があると思っていたけれど、楽しい時間はあっという間に過ぎ、1時間前になったのでいよいよお別れの時。

いつもならここで涙がじんわりと浮かんできちゃうのですが、今回は大勢の賑やかなお見送りだったので、「じゃあねバイバイ」って手を振ることができました。(子どもたちもあっさり「バイバイ」って言うし。。^^;)

第一ターミナルだと、一度別れた後も、荷物検査を通過して、下に降りる時またガラス越しにお見送りの人が見えるのがいいですよね。
見えなくなるまで手を振りました。

出国手続きをして、飛行機で読む雑誌だけ買って搭乗ゲートに行き、椅子に座るとすぐに、私の名前を呼ぶ声が。
顔を見上げるとそこには大学時代の友人Tちゃんがっ!
「えっ、何でここに!?」ってお互いにビックリ。

Tちゃんは今スイスに住んでいるのですが、用事があって家族を置いて一人で1週間日本に戻っていて、帰るところ。とのこと。しかもロンドン経由。

まさか同じフライトになるなんて。。
思いがけない再会にとっても嬉しくなりました。

定刻ギリギリにようやく案内されて乗り込んで、それから離陸までず~っと待たされました。
私の席からは外の様子が全く見えず、少しは動いたのか、それともまだゲートにいるのかすらわからないでいまいしたが、姉が言うには30~40分ほど動かなかったとのこと。

強い向かい風もあって到着が随分遅れました。
離陸して1時間は激しい揺れで、ベルトのサインが一向に消えませんでした。
11:35のフライトで、食事が出てきたのは14時頃だったと思います。

食事の後テレビを見ながら30分ほどウトウトしたのですが、その後は全く眠れず。
最初のうちは映画を見たり、音楽を聴いたりしていましたが、いつものようにだんだんと肩こり&頭痛に襲われ、楽しむ余裕はなくなりました。
頭痛薬を飲んだタイミングがちょっと遅かったか、効きも悪くて「早く着いてくれぇ~」と願うばかりでした。。

ようやくヒースローに着いて携帯の電源を入れると、夫からのメールが入っていて「空港に着いた」とのこと。

この日は忙しいと言っていたので、まさか迎えに来てくれるなんて思っていなかったので嬉しかったです。
具合が悪かったので、荷物を持ってもらえたのも助かったし、すぐに車に乗って楽な姿勢で帰れたので本当に感謝感謝です。

同じ飛行機には修学旅行生がたくさん乗っていました。
引率する先生、大変だろうなぁ~とつくづく思います。お疲れさまです。
私には絶対にできないわ。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-11-02 03:28 | 旅行(Travel)