2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Arundel

8月23日、友だちと南部のArundelという町に行ってきました。
London Victoria駅から直通で1時間半。
私たちは途中のClapham Junctionで待ち合わせをして向かいました。
Sothern Railを使うのですが、事前にオンラインで切符を買うと25%引きになってとってもお得。
今回、往復で一人7.50ポンドで行って来れました。

お天気はちょっと怪しい雰囲気でしたが、女の子同士4人の列車の旅はやっぱり楽しい~。
車中で早速おやつタイム♪
b0132411_1918885.jpg


駅に到着し、町中へは歩きで。
すぐArundel Castleが見えてくるので迷うことはありません。
b0132411_1921412.jpg

このお城は現在もノーフォーク公がお住まいとのこと。
b0132411_1923644.jpg

町中はこんな感じ。
b0132411_19232775.jpg

b0132411_19235768.jpg


Arundel Castleを見学。
入場料が16ポンドもするので「高いっ!」と思ったけれど、見応えたっぷり。
見終わるのに3時間もかかってしまいました!
途中おなかがグーグーで動けなくなりそうだった。。^^;

お城自体も大きくて立派だし、敷地がとても広い。(町の3分の1くらいを占めてる)
それもそのはず、イングランドで2番目に大きいお城なんだとか。
(1番はWindsor Castle)
ノーフォーク公は貴族の中でも一番位が高いのだそうです。
王室とも近い存在なのですね。

b0132411_19282789.jpg

b0132411_19291515.jpg

b0132411_19295717.jpg

b0132411_19303958.jpg

右に見えるのは大聖堂。
b0132411_19313836.jpg

b0132411_19324085.jpg

b0132411_1934760.jpg

大聖堂がすぐそこ!
あっ、ストーンサークルがあるっ!!
b0132411_1935936.jpg

ようやく見学し終わって、お昼ごはん。(この時点で3時近く)

Belinda's Tearoomsで。
(ここでまたカメラが不調になってしまったので、お友だちの写真を借りてます)
b0132411_19363970.jpg

コロネーションサンドイッチを注文(カレー味)。
ボリューム満点でした。味もおいしかったです。
b0132411_1937919.jpg

おなかいっぱいになってしまったので、名物の「ロックケーキ」はお持ち帰りにしました。
こちらもデカかったっ!

Arundelはアンティークでも有名だそうで、いいものがあるといいなぁ~と期待していましたが、じっくり見る時間がなかったのと(5時には閉店しちゃう)、やっぱり今はお店が少なくなってしまって、うーんこんなものか、、という印象でした。
本に載っているお店が実際にはなかったりして。潰れちゃったのかなぁ。。


途中小雨が降ったりもしましたが、傘をさすまでもなく、ひどく寒かったわけでもなく、なんとか大丈夫でした。
今年の夏は大きな旅行に行かないので、こういう田舎への小旅行ができて嬉しかったです。
お付き合いありがとう!
[PR]
by miepoohsuke | 2010-09-09 19:50 | 旅行(Travel)

York

7月29日、日帰りでイングランド北部、ヨークシャーの中心のYorkに行きました。
ロンドンKings Cross駅から直通で約2時間です。

Kings Crossの駅のホームで列に並んで写真を撮っている人が何人もいたので、何かあるのかなーと覗いてみると、ハリ―ポッターに出てきた9と3/4番線がありました。
しかも壁にカートが半分(以上?)入り込んだ状態で。
車内から見たので写真が撮れなかったのが残念。。

Yorkに到着し、駅を出るとすぐに城壁が見えて、途中から城壁に上がって中心地に向かいました。
奥に見えるのがYork Minster(ヨーク大聖堂)。
魔女みたいな格好をした人がちょうど前を歩いていて、なんだか物語みたい!
b0132411_802537.jpg


York Minsterはイギリスで最大のゴシック様式の建物。
ステンドグラスは中世のものでは世界最大、英国国教会北管区の本山、だそうです。

東側の一番素晴らしいとされるステンドグラスは残念ながら修復中。
完成の目処はまだ立っていないらしく、寄付を募っていました。

でもその他のステンドグラスも十分素晴らしいものでした。
西側のステンドグラスの上の部分はハート型になっていることから「ヨークシャーのハート」と言われています。
b0132411_841698.jpg


お昼はBettys Tea Roomで。(本店は去年行ったHarrogate)
York Minsterの近くに、Little Bettys Cafeがあります。
b0132411_18482259.jpg

b0132411_18202632.jpg

かわいいカニさんも食べられるのかな。。
b0132411_18192329.jpg

この通りをもう少しまっすぐに進み交差点にBettysのYork店があります。
こちらは大きい!
b0132411_18221437.jpg

b0132411_18225319.jpg

案の定、中に入るのに並んでいましたが、席は2階にもあるようで、それでよければ。。と別の入口を案内してくれました。2階は2階でなかなかいいお部屋でした。
b0132411_18245025.jpg


食後は町中を散策。
「シャンブルズ」と呼ばれる「肉屋横丁」。(今は様々なお店が入ってます)
建物の上の階が突出しているのは日当たりを悪くして肉を長持ちさせるためだそうです。
なるほど~賢い!と思うけど、なんか危なっかしい感じ。。
ハリーポッターがほうきを買ったのがこの横町、、っていうのを聞いたような気がするけど、定かではありません。。
b0132411_18275059.jpg

これはちょっと傾き過ぎでしょう。。^^;
b0132411_1829358.jpg


町中はとてもかわいい。
お花もきれいに飾ってあります。
b0132411_1831339.jpg

b0132411_18312731.jpg

b0132411_18321874.jpg

b0132411_1833488.jpg


最後にCastle Museumへ。
19世紀から20世紀の街並みを再現していて、日用品などの展示で昔と今の変遷を見ることができます。
b0132411_18355856.jpg


軽く夕食を食べて電車でロンドンに帰りました。
一泊できればもっとのんびりと歩けるでしょうが、Yorkの町だけなら日帰りでもちょうどよいくらいでした。
日帰り旅行は荷物も少なくて済むし、気軽に出かけられるのでいいですよね。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-09-09 18:51 | 旅行(Travel)

Nice3

3日目は午前中からエズ村に行きました。

夕方のフライトでロンドンに戻るため、早めに行動。
事前にインフォメーションセンターでバスの時刻表をもらってあったので、それに合わせてホテルをチェックアウトし、出発。

バスターミナルまで歩くと意外に距離があったような気がします。ホテルから1kmくらいだったのかな。

長距離バスはすべてこのバスターミナル発着で、料金も一律1.50ユーロ。(確か。。)
バスはほぼ時間通りに出発し、いよいよエズ観光開始!
実はこのエズ村が今回の一番のハイライトだったりします。最終日にになってしまいましたが。。

友人何人もから「エズがよかった!」という話を聞いていたし、義母もエズに行きたいから今回ニースを選んだようなもの。

天気も良好、張りきって坂道を登ります。
b0132411_3101791.jpg


インフォメーションでもらった地図を見ながらくねくね歩いてみました。
鷲の巣村の中では大きい村だけれど、そうは言っても大して大きくもないので、同じ道にまた出て来たり、そうすると今度は別の方向の道を進んでみたりして、あっという間に地理感覚がつかめたような気がします。

b0132411_311081.jpg

b0132411_3115721.jpg

b0132411_3132027.jpg


頂上まで行くには熱帯植物園に入らないといけません。
ここは有料。
植物園には興味はないものの、なんてったって絶景を見ずして帰れないのでお金を払って中へ。
引き続き上へずんずん上がります。
b0132411_3141915.jpg

頂上からの眺め~♪
b0132411_3154939.jpg


b0132411_3163748.jpg


エズ村には有名なホテルが2つ。
歩いてすぐ入口があるのがシェーブル・ドール、山の頂上付近にあるのがシャトー・エザ。
頂上にあるほうが眺めがいいような気がするけれど、実は下にあるシェーブルドールの方がテラスからの眺めが素晴らしかった!

ガイドさんも、お食事と眺め、サービスなどトータル的に断然シェーブルドールがいい!と言っていました。
テラスからの眺めがとてもいいとオススメされたので行かずにはいられません。
ランチをするほど長い時間がなかったので、飲み物だけを頂くことに。
本当に絶景でした!
b0132411_321951.jpg

b0132411_3224092.jpg

b0132411_3234334.jpg

空きれい~っ。
b0132411_3242695.jpg


バスの時間が迫っていたので、名残惜しいけれどいそいそと退散。
楽しかったぁ~。

ニース市内に戻り、ホテル近くのレストランでお昼を食べることにしました。
その方が安心なので。

歩いている途中にかわいいお菓子やさん発見!
b0132411_3292135.jpg

ジェラート屋さんも。このチェーン店がロンドンのSohoにもあります。おいしかったですよ。
この日はランチ前だったので食べれませんでした。残念。
b0132411_17131022.jpg


予定通り空港に着き、フライトは少し遅れたものの、トラブルもなく無事に帰って来れました。
夫が一緒じゃなかったので、少なからず緊張していた私。。
ロンドンに着いてホッとしました^^

お天気が毎日素晴らしくよくて、日差しがきつかった。
とは言っても夏らしい気持ちの良い陽気だったので、太陽を存分に楽しんで来れました。

夫も「行きたかったぁ~」と言っていたので、来年また来れるといいな。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-09-07 03:40 | 旅行(Travel)

Nice2

朝はすっきり目覚め、早くから活動開始!

美術館にはまだ早い時間だったので、旧市街へ散歩。
アルベール1世公園。
b0132411_2252115.jpg

旧市街。おみやげ屋さんがかわいい!
b0132411_226216.jpg

せっかくだから花市にでも行ってみようと思って行ったら、この日はちょうどアンティークマーケットが開かれている日でした。

通りにたっくさんのお店が出ていて見きれなかった。。
時間に余裕があったらもっと真剣になって見ていたかも。

アルベール1世公園の近くにタクシー乗り場があるので、そこからタクシーに乗ってシャガール美術館へ。
庭にはオリーブの木や、ラベンダー、アガパンサスなどきれいでした。
b0132411_232259.jpg

b0132411_2294558.jpg

b0132411_2303787.jpg


中ではオーディオガイドが借りられて、日本語も選べました。
シャガールっておもしろい絵を書くし、色も鮮やかなので結構好きです。
ガイドのおかげでとても興味深く見学できました。
b0132411_2351589.jpg

b0132411_2354933.jpg

絵の他にステンドグラスやモザイクもありました。これも素敵でしたよ。

午後は(昨日と同じツアー会社の)竹田さんに「鷲の巣村」巡りに連れて行ってもらいました。
(待ち合わせをシャガール美術館に変更してありました)

この日は完全に私たち二人だけ。
ある程度の集合時間は提示されますが、「多少遅れても大丈夫」と言ってもらえるのが個人ツアーのいいところ。

「鷲の巣村」とは、急斜面の岩山頂上に民家がぎっしり密集して建てられている村で、切り立った崖に鷲が巣を作っている様子に例え、鷲の巣村と呼ばれているそうです。
敵の侵入を防ぐため、山の下からは村が見えないようになっているようです。
コートダジュールには100以上の鷲の巣村があるそうです。「エズ村」が有名です。
エズにはニースからバス1本、30分ほどで行けるので最終日に自力で行くことにし、この日はその他の行きづらい村を巡ってもらうことにしました。

まずは「サンポール・ド・ヴァンス」という村へ。
崖の上に建物があるのがわかるかしら。
b0132411_2535188.jpg


小さいながらも(後から行った村に比べるとかなり大きいけど)かわいいお店がぎっしり並んでいて、見応えたっぷり。
1時間ほどの時間をもらいましたがあっという間。ちょっと足りないくらいでした。

村の入口。ここを抜けるとお店がたくさん続きます。
b0132411_2485055.jpg

b0132411_2515960.jpg


この頃から私のカメラがおかしくなり始めました。
ブルブルと振動して画面が終止ゆらゆら。
全く定まりません。
もちろんシャッターを切っても大きくブレた画像が映るのみ。

大ショック。。。
買ってまだ2年も経ってないというのにっ!

これからかわいい家並みや景色をたっくさん撮るつもりだったのにぃ。。あ~ん。。

しばし格闘していましたが、結局直らず。
写真はここまで。。><


次は「トゥレット・シュル・ルー」という、すみれの村へ。
3月にはすみれ祭りがあるそう。
すみれのアイスを食べました。なかなかおいしかったです^^

こじんまりした村で小道を探検する気分で歩くのが楽しい。
おみやげ屋さんでちょっとしたものを買ったら、かわいいスミレ色のラッピングをしてくれました!
イギリスにはこういう心遣いはないので、ちょっと嬉しい♪

次は「ヴァンス」へ。
マティスのロザリオ礼拝堂が有名です。
礼拝堂の外観はとてもシンプル。
中に入るとステンドグラスが大きく、外からの光で鮮やかな青や黄色が礼拝堂の中に差し込んでとっても美しい~。

最後に「グルドン」という「フランスで最も美しい村」の一つとして登録されている村へ。
眺めが最高~!
(ここからは義母のカメラを借りて撮影)
b0132411_474321.jpg

b0132411_483766.jpg

素敵なお店もたくさん。
b0132411_4101342.jpg

b0132411_4105254.jpg

b0132411_4113813.jpg


お買い物も楽しんで帰路へ。

バスなどを使って来るとしたら、本数もないし余計な時間もかかるので一日にせいぜい2つくらいしか周れないでしょうが、私たちは半日で4つもの村に行くことができました。
時間が限られる時には、やっぱりツアーは大助かりです。

夕飯は「ラタトゥユ」が食べたいと思っていたら、竹田さんは親切にも南仏料理で有名なレストランまで車で乗せて行ってくれました。
が、あいにくこの日は臨時休業。

残念~。

仕方がないので、近くのイタリアンレストランへ。
評判がいいそうで、あっという間に満席になりました。

ビールがおいしかった~☆
でもパスタは固くてかなり残してしまいました。。

2日目も大満足の一日でした。

3日目に続く。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-09-06 04:25 | 旅行(Travel)

Nice1

7月25日から2泊3日、東京から遊びに来ていた義母と二人で南仏ニースに行ってきました。

ニースは12年前に卒業旅行で行った以来の2度目。
当時はフランス語が話せる友人と一緒で苦労知らずだったので、楽しかった記憶はあっても、地理関係とか交通事情など全然覚えてませんでした。

ま、当時はユーロではなくてフランだったし、トラムも走ってなかったのでだいぶ状況が変わったのは間違いないですが。

英語が通じるかどうかもよくわからないし(「おふらんす」ですからやっぱりフランス語が話せないとダメかと思った。。→でも全く問題なかったです)、アタフタするのは嫌だし、限られた時間であちこち回りたいし、、と思い、日本人の方がやっている個人ツアーに参加することにしました。
お世話になったのはこちらの方です。

初日の夜のモナコツアー(食事つき)と、2日目の午後に鷲巣村巡りのツアーに参加しました。
公共の交通機関を使うよりはもちろん高いけれど、いろいろ説明してもらえるし、日本語で安心だし、効率よく動けるし、ある程度の融通は利くし、タクシーより安いし、利用価値はアリだと思います。

夜のモナコツアーは7時にホテルでピックアップしてもらうことになっていたので、それまでの時間は海辺の道路をしばし歩き、トロッコ(?)に乗りました。
b0132411_200595.jpg

b0132411_2034496.jpg

トロッコは旧市街をめぐり、城壁の頂上にある展望台まで連れて行ってくます。
b0132411_2055519.jpg


いよいよモナコツアー参加。
今回は私たちの他に若いご夫婦も一緒でした。

途中下車をして一枚。
b0132411_20135961.jpg

着いてまずはお食事。
モナコ港が見下ろせる景色のいいレストランで。
b0132411_20152992.jpg

3コースでボリューム満点。
b0132411_2017960.jpg

b0132411_20181486.jpg

デザートは撮り忘れましたが、2品であまりにも満腹だったのでアイスにしました。それでも食べきれなかったくらい。

日が沈んで暗くなりました。レストラン隣にあるエルミタージュホテル。
b0132411_20215076.jpg


食後、夜景を楽しむドライブ。
レストランから港を挟んで反対側へ。
b0132411_20273969.jpg

モナコグランプリ(F1)のコースを案内してもらってから、いよいよカジノへ。
b0132411_20295378.jpg

さすがに豪華な建物です。
人もたっくさんいました。

初めて中を見学。
パスポートを見せて10ユーロ払って(ツアー代に含まれる)中へ。
ルーレット、ブラックジャック、スロット等、賭けないけれど観て雰囲気を楽しみました。

建物の外は人ごみで賑やかだったのに、中は意外に閑散とした印象。
気づくと使われずに空いているルーレットの台もある。
モナコと言えど、ここにも不況の影響があるのね~きっと。

カジノの周りには高級車がウジャウジャ。。
ロールスロイスとかベントレーとか。
私は車に全く詳しくないので気付かなかったすごい車が他にもたくさんあったでしょうが、ベンツが普通に見えました。

ホテルに戻ったのはナント午前1時。
ツアーの方も大変だこりゃ。

今回、海が見えるホテルに泊まり、建物(外観)はとても古いのですが、部屋が超モダンでビックリでした。

バス・シャワールームに窓が付いているのです!
ナゼに?!?
b0132411_2045315.jpg


ベルボーイの方の話では、お風呂の中からでもシャワーを浴びながらでも海が見えるようにデザインされた、のだそうです。

なーるほどね~。

でも中から外が見えるっていうことは部屋にいる人からお風呂が丸見えっていうことで。。

一人で泊まる場合や夫婦ならまだしも、ちょっと恥ずかしいですよねぇ~。

そんなわけで、義母のひらめきにより、お風呂の電気は消して入りました^^


以上、一日目終了。
二日目に続く。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-09-01 20:51 | 旅行(Travel)