2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Dubrovnik/Croatia Day2

翌日もいい天気。

ホテルのレストランで朝食。
テラスもあって外で食べてもいいのですが、朝から日差しがキツイので、室内でいただきました。

その後夫は足裏マッサージ。
私は部屋のベランダで実習の案を考えていました。

午後、ドブロヴニクの旧市街とアドリア海を一望できるという、スルジ山へ。
歩いて登っても1時間くらいだそうですが、私たちはホテルからタクシー。。

車道が整備されていて、タクシーだとあっという間です。
坂を上っている途中の景色が一番よかったかな。
b0132411_21222175.jpg

真っ青なアドリア海に赤い屋根の旧市街。地球が丸い!っていうのがわかります。
ジブリの映画「魔女の宅急便」のモデルにされたと言われています。(真ん中ちょっと左の四角っぽくて出っ張っている部分が旧市街)

頂上に着くと博物館があります。
1991年の独立戦争についての博物館です。
旧市街の被害もこんなに。(黒丸が直接砲撃にあった場所)
b0132411_21345261.jpg

頂上からの眺め。
b0132411_21502262.jpg

こちらはボスニア・ヘルツェゴビナ方面。奥には雪がかかった山脈。冷たい風が吹いてきます。
b0132411_21464773.jpg

こちらはモンテネグロ方面。
b0132411_21433227.jpg

帰りの坂道から再び旧市街の写真。
b0132411_21543945.jpg


本当は頂上までロープウェイで行けるのですが、戦争で破壊されてからずっと運営されていないようです。タクシーの運転手さんは「来月から再開される」と言っていたけれど、ガイドブックには「2009年に完成予定」と書かれているのに未だできていないので、この様子じゃ来月も無理じゃないかな。そんな雰囲気まるでなかったし。せめて夏のハイシーズンに間に合うといいけど。

タクシーを旧市街で下車。
お茶休憩。
「ドブロヴニク名物プリン」とやらを注文してみた。
b0132411_2201712.jpg

うん、おいしい。素朴で懐かしい味。

夫が勉強している間、私はお買い物。
細い路地に「メドゥーサ」という素敵なお店を発見。
アロマオイル、バスソルト、木のおもちゃや絵など、かわいく置いてある。
b0132411_2254565.jpg

女性の店員さんの人柄がとってもいい!次の日もまた行っていろいろ買っちゃいました~。
血行にいいローズマリーのバス&マッサージオイル、ラベンダーのバスソルト、アイクリームにナイトクリーム・・・石鹸はオマケに入れてくれました。それに日曜日はイースターだったので、シール付きのゆで卵もくれました☆
b0132411_22103692.jpg


夫と合流して城壁に上りました。有料です。(70KN/pp)
旧市街は城壁で囲まれているため、城壁を一周しながら旧市街を上から眺めることができます。
最初に結構急な階段を上ります。
b0132411_22202993.jpg

上からの眺め、いろんな角度から。
b0132411_22252255.jpg

b0132411_22271854.jpg

b0132411_22284968.jpg

b0132411_22303863.jpg

奥に見える山が「スルジ山」。
b0132411_22313085.jpg

ドブロヴニク港。近くの島へはここから行けるようです。
b0132411_2234773.jpg

b0132411_22365813.jpg

一番高い所から。
b0132411_22394033.jpg

一周2km、約1時間。私たちは途中休憩も挟んだのでもう少しかかりました。
所々に階段や坂があるので結構いい運動になります。

一周し終わってちょうどおなかが空いてきたので早めの夕飯。
ドブロヴニク港にあるレストランで。おいしかったぁ~♪
b0132411_22435337.jpg

b0132411_22482027.jpg


大満足な2日目でした☆
[PR]
by miepoohsuke | 2010-04-30 23:03 | 旅行(Travel)

Dubrovnik/Croatia Day1

今年のイースター休暇は4月2日~5日。ずっと憧れていたドブロヴニクに行ってきました。

1月半ばに予約をしたのですが、年に一度の4連休とあって、飛行機の値段は既にものすごい金額。また今度にしようかな、、とも思ったけれど、どうしても行ってみたい場所でもあったし、いつ転勤になるかわからないし、4連休はこれを逃すとしばらくないので、お金には変えられない!と決心したのでした。

フライトはGatwick空港からBAで直行。3時間弱の適度な飛行時間でした。ただ、機内が異常に寒くて到着が待ち遠しかったです。

ドブロヴニクに着くと太陽がサンサン。期待を裏切らないお出迎えに感謝。
空港は小さいし入国審査も簡単で(審査もなにもパスポートを出すだけでスタンプを押してくれた)、あっという間に自由の身。

空港バスで旧市街(ピレ門)へ。(乗り場がわかりにくく、同じ飛行機で来た日本人ご夫妻に教えてもらった)
アドリア海を見ながらバスに揺られて気持ちがいい。
b0132411_2413836.jpg

遠くに赤い屋根の旧市街が見えてきたときは感動でした。

旧市街からは路線バスでホテルへ。
ホテルまでは800mと歩くことも可能な距離ですが、荷物があったのでとりあえずバスに。
切符はバスの運転手から直接買うことができます。(若干割高になり一人10KN(クーナ)=200円くらい?、事前に買っておくと8KN)

ホテルは崖の上にたっていて、眺めは抜群!
下を覗き込むとプライベートビーチがあります。
(水はまだ冷たくて泳ぐことはできません)
b0132411_2551240.jpg

b0132411_2554923.jpg

チェックインして荷物を置いて、早速ホテルのレストランで腹ごしらえ(昼食)。
まずは地元のビールで乾杯☆(右のビールの方がおいしい)
b0132411_2562748.jpg

テラス席で眺めも太陽も気持ちよかったけど、しばらくすると焼けそうなくらいに暑いっ。
空気は乾燥していて気温もちょうどいいのだけど、とにかく日差しがキツイのです。

ホテルのスパに行ってみたり、部屋でくつろいだ後、旧市街へ。
b0132411_3102399.jpg

徒歩で行ってみようと勢いよく歩き出したものの、どうも途中で道を間違えたらしく、かなり遠回りをして到着。
町の中心はこの旧市街に集まっていて、周りは城壁で囲まれています。
城壁のメインゲート「ピレ門」。
b0132411_3123786.jpg

真ん中に200mほどのハイストリート(プラツァ通り)があり、その脇から細い道がたくさん出ているけれど、ゆっくり見て回っても1時間もあれば全部網羅できちゃうほどの小ささ。車もないし、歩くのには楽チンです。
b0132411_3144772.jpg


夕飯。
るるぶや地球の歩き方に載っていた「カメニツェ」へ。どこよりも賑わってました。
カキがおいしいらしいのだけど、カキは個人的にちょっと苦手なのでその他のシーフードを注文。リーズナブルでおいしかった☆
b0132411_3223437.jpg

写真のワインは1リットルでした。デカっ!

日が落ちると、昼間の暑さが嘘のようにものすごく寒くなります。そんなことは知らずに軽装で出てきてしまった私たち。帰る頃にはガタガタ震え、途中おみやげやさんに入ってみたりして寒さを一時的にしのいだものの、、いやぁ~辛かったぁ~。。
バスを待つことさえできず、タクシーにダッシュで乗り込んでしまいました。

寒暖差がここまで激しいなんて。。
油断禁物です。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-04-20 03:35 | 旅行(Travel)