2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Afternoon Tea @Milestone Hotel

昔ダイアナ妃が住んでいたケンジントン宮殿のすぐ近くにあるMilestone Hotelでアフタヌーンティーをしてきました。

雑誌RSVPにも載っていたし、友だちのお勧めだったので期待大。
ホテル自体あまり大きくはなく、邸宅におじゃまするような感じ。とっても高級感があって素敵です。

フロントで友だちを待っている間、ホテルの各部屋の写真を見ていましたが、どこも超豪華☆
さすが5つ星です。
このあとのTeaがますます楽しみに^^

お茶をいただくのは暖炉のあるお部屋。
家具、調度品も歴史あるものなのかしら、、
ついつい背筋がピンと伸びてしまいます。
この部屋も大きくなく、5組程度しか座れません。
予約がすぐにいっぱいになっちゃいます。

さて、お茶は何にしようかな~とウキウキしていたのですが、どうも座り心地が悪い。。
床の振動が体全部に伝わってきて落ち着かなかったのです。

3人が座っているどの席もずっと振動していて、とても優雅にお茶してるどころではないっ!
ホテルの人に、「ちょっとここ座ってみて、なんか、、」と言いかけると、「あぁ~揺れるんでしょ?」みたいなことをすぐ返してきた。
知ってるのにそのまま座らせたってワケ!?

で、席を替えてもらうようにお願いしたら、「今日は全部予約でいっぱい」と言われ、では「他の席と交換して」と言うと、「席を特定して予約をしているから変えられない、、」と。

担当した若い男の子も私たちが何か言うたびに、何度も奥に引っ込んではえらい人に聞きに行ってくれたけど、何度も断られました。

いくらおいしいものを出されたとしても、絶えずこの振動では体がおかしくなる、と思い、どうしても席がここしかないというのならもう諦めよう、と決断しました。

その後結局、食事用の別の個室に案内してもらえました。
しばらくは振動の余韻もあって、体中がブルブルしていておかしな感覚だったけど、ちょっとしたら落ち着きました。

さてさて、気を取り直して注文注文♪
ダージリンティーを頼みました。

3段スタンドはこんな感じ(3人分)
b0132411_7221079.jpg

ここのサンドイッチ、すっごいおいしい~♪
特に手前のナッツがついた丸いサンドイッチなんて最高~^^
テンションがあがってきました。
おなかペコペコだったのでペロリでした(写真は2人分ですっっ)
b0132411_7291944.jpg


2段目のスコーンも絶品っ!
今まで食べた中で1、2を争う感じかな。
外がサクっ、中がフワっとしていて♪♪

このおいしさで、さっきまでのイザコザをすっかり忘れていた単純な私でした。。

途中、支配人のような人が謝りに来ました。
「地下鉄が真下に走ってるせいでどうしようもないんだ。」って。
本当に対策はないのかなぁ?!?
毎回お客さんが不快に思うのはわかっているのに。。
とっても感じのいい人でしたけど。

サーブしてくれた何人かもみんないい人たちでした。
だから余計にその一件がなければパーフェクトだったのにな。。残念。

おなかが満たされ、友だちとの久しぶりの会話も弾む弾む。
さすがにケーキまではたどり着けず、持ち帰りにしてもらいました。
ケーキには当たり外れがあったけど、クッキーはメチャうまでした。

帰り際、お茶をした部屋と隣の暖炉つきの部屋の写真を撮りました。
白いテーブルクロスに赤のリボンで十字にしてあるのは、イングランド国旗みたい。
b0132411_7374923.jpg

かっこいい部屋!
b0132411_7383886.jpg


味もサービスもトータル的に満足です。
他の席だったら他の人にもおススメできるかな。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-02-14 07:46 | 外食(Restaurant)

This winter..

ちょっと忙しくしていたので、更新が随分久しぶりになってしまいました。
振り返って、1月のことをざっと書こうと思います。


今年の冬は寒いっ!!
1月は元旦から3日まではきれいな青空が続いていたのに、4日から一転。
イギリスは大寒波に覆われてニュースは雪のことばかり。
ロンドンは南に位置するのと、都会だということもあり、初めのうちは雪はなかったのですが、6日からは大雪。
イングランド中部ではマイナス18℃を記録したと大騒ぎでした。
もちろんその日は一日中暖房をつけて家にこもりっきりでした。
b0132411_16214244.jpg

7日の朝はロンドンでもマイナス5℃。ニュースを聞いて「ウッソォ~!!」と疑い、温度計を外に出して測ってみたら確かにマイナス4℃を指していました。マイナスを経験するのって初めてかも。。

8日、晴れたので防寒をバッチリにして散歩兼スーパーへ買い物。
Holland Parkの入り口には「すべらないように気をつけて」みたいな紙がついたボードがちゃんと置いてありました。
雪の白と空の青、コントラストが美しい~。
走ってる人もいました。この国には雨の日でも走っている人がよくいるけど、雪の日まで。。
b0132411_16242552.jpg

噴水も凍ってます。
b0132411_16282468.jpg

日が少しずつのびてきて、5時でもこの明るさでした。(雪のせいもあったかな)
b0132411_16305399.jpg


この週も翌週もずっと寒く、最高0℃~3℃くらいが続いていました。
最高0℃は顔など出ている部分が凍る感じでしたが、それを経験したら最高3℃の日は「そんなに寒くない」という印象でした。
慣れってすごいな。。

下旬くらいになってようやく最高6℃くらいになり、天気予報を見て「明日はあったかくなる!」とうれしくなりました。

12日、日本語教師の資格が取れる学校に短期で通い始めました。
学校は天文台で有名なグリニッジのエリア(ロンドン南東部)にあります。
家のまわりでは雪はほとんど溶けてなくなっているのに、そちらはまだ一面真っ白で驚きました。もちろん気温もだいぶ低い。
同じロンドンのエリアとはいえ全く違うのねぇ~。。
きれいな景色でしたけどね。

学校は週2日なので、甘く見ていましたが、予想外にものすごーくキツイっ!!
とっても厳しいのです。
イギリスの学校ですが、中身は完全に日本。
先生たちもみんな日本人です。

まず入学願書の書類をそろえるのに、推薦状も必要だったことに驚き。
面接もあったし、入学書類には卒業証明書も出したし結構本格的なのです。
もちろん出欠にも厳しいし、評価も。
入学式初日からいろいろ脅されて、ビビりました><

膨大な量のレポート課題が出され、毎日ヒーヒーです。
こんなに机に向かうのなんて、受験以来じゃないかしらぁ。
3月~4月には教育実習もあるし。。。
そんなわけで、あまり落ち着いた時間がなくてなかなかブログに手を付けられずにいました。

つらいけど短期間なのでがんばらねば!
お金も随分かかっちゃってるし。
ちなみに、その学費が夫からの誕生日プレゼントとなりました。
ありがとうございます^^

学校についてはまた別に書きたいと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-02-12 17:24 | ロンドン(London)