2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Afternoon Tea @Lanesborough Hotel

アフタヌーンティーをしてきました♪

以前にお友だちから薦められてからずっと行ってみたい!と思っていた、Hyde Park Corner駅近くのLanesborough Hotelで。

アフタヌーンティーは3時からのところが多いですが、ここは3時半から。
私たちは前日に予約したこともあり4時スタートでした。

家からそう遠くないしバスで一本で行けるので、少し早めに着くような時間帯にバスに乗り込みました。
にもかかわらず、途中道路の工事で迂回し、その道が永遠に大渋滞。。
その間、降りることもできず、ただただ、「一体いつまで続くの・・?」と焦りながら時計とにらめっこ。
事前に道路状況を教えてくれればその手前で降りて電車に乗り換えることもできたのに、どうしてほんの少しの思いやり(サービス)がないのかしら。。

それで私は遅刻。。。^^;
焦ったしちょっと走ったし、この日は暑かったので汗も出る出る・・><

皆には先に進めてもらって、アミューズみたいな小さなデザートを食べたところで追いついたのでよかったけれど。

一つのスタンドで5人分が一度に乗せられて出てきました!
b0132411_2313276.jpg

サンドイッチは5種。
スモークサーモンの挟まったバンズやカレー味のチキンサンド、ローストビーフなどバラエティーに富んでいました。
お味もGood!
それと、一口サイズのキッシュもありました。(写真右の方にほんのちょっとだけ写ってる・・)

真ん中の段は焼き菓子。
一番上は彩りきれいなケーキです。

しばらく後に、焼きたてのスコーンが出てきました。
ミニサイズで、ぶどうのパンも。
いちごジャム、クローテッドクリーム、レモンカードと一緒に。
b0132411_2353443.jpg


肝心の紅茶の写真を撮り忘れたっ!!^^;

オススメされた"Lanesborough Afternoontea Blend"を頂きました。
途中、別のお茶に変更することもできる、とのことでした。
が、
話をしていたらそのタイミングを逃して閉店の時間になってしまった。。残念。。

6時までとなっていて、時間にはしっかり追い出されるので、もうちょっとゆっくりしていたかったなァと若干心残り。
でも食べ物も飽きさせずどれもおいしかったし、レストラン内が明るくてピアノの生演奏もあって雰囲気がとてもよくて満足です。
皆が気に入る理由がわかります。
2008年には"Best Afternoon Tea in London"に選ばれているし、2009年も何か賞をとったみたいですよ。

ホテルなので、それなりのお値段ですけどね。
たまには、ちょっときれいな格好しておでかけするのもいいものです☆

(普段ジーンズにスニーカーでロンドン市内をウロウロしてるだけなので。。
そう思うと、東京に出るとみんなオシャレしてるよねェ。。この間ちょっと緊張したもん^^;
あ、ロンドンでもオシャレの人はいますが、みんなあんまり他人の服装を気にしないのですっかり感覚がおかしくなってます。。)

レストランの雰囲気を帰り際に一枚パシャリ。
中央が吹き抜けになっていて、この日は天気がよかったのでとっても明るい!
(お客さん、本当はもっとたくさんいました)
b0132411_23234661.jpg


贅沢な午後のひと時でした。ごちそうさまでした!
[PR]
by miepoohsuke | 2009-07-23 23:34 | 外食(Restaurant)

Warwick & Stratford-upon-Avon

7月12日(日)、夫と弟と三人でWarwickとStratford-upon-Avonに電車で行ってきました。

本当はWalesの首都Cardiffか、Brecon Beacons National Parkに行きたかったのですが、日曜日は通常とルートが異なるらしく、平日なら2時間で行けるのに、この日は4時間以上もかかるとのこと。
日帰りするのに往復8時間以上かかるのはお話にならないので、残念ながら初のWales上陸は見送りに。。

手軽に行けてかつ楽しそうな場所を探し、ガイドブックからWarwick Castleを選択。
ロンドンからは直通電車で1時間40分。そこから徒歩約15分。

イギリスでも今までに、ウィンザー城、ドーバー城へは行ったことがあり、同じような感じかなぁ~と想像していたのですが、まるで違うのでビックリ。

古城を舞台にした「テーマパーク」といった感じです。
子どもの団体がいたり、家族連れがピクニックしがてら続々と入場していきます。

中ではお城の塔に上がれるのはモチロン、ホラーの館みたいなのがあったり(別途有料)、プリンスの館があったり、リアルなろう人形がおいてある博物館だったり。
(ロンドンにある「マダム・タッソー」にあるろう人形の作り手が手がけているとのこと)

b0132411_43988.jpg

空がきれいっ!!
イギリス国旗ではなく、イングランド国旗が掲げられていました。

b0132411_452227.jpg

党の上からはWarwickの街のかわいい家並みが眺められます。
奥を流れているのはAvon川。

b0132411_47296.jpg

お城の内側。
このあとランチタイムになると、大勢が芝生の上でピクニックをしていました。

広場では時間によってタカの飛行をみせてくれたりするイベントもありました。
タカって本当に大きいっ!
近くをしかも低空で飛んだ時にはちょっと恐怖を感じました。
お兄さん(?)もワイルドで雰囲気ある~^^
b0132411_4144159.jpg



お城の見学はそこそこにして、昼食を食べ、Stratford-upon-Avonへバスで向かいました。
通常なら20分ほどで行けるのですが、日曜日はかなりの遠回りをしたので40分以上かかりました。
到着したのは午後4時半ごろ。

まだまだ日が長いので、暗くなる心配が全くないし、晴れのままだったので、気持ちよく散歩できました。
私と夫は2度目なので、前回シェークスピアの生家や奥さんのアンの家など主要どころは見たことがあります。アンの家は古くて床が斜めになっていて、今にも壊れそうで怖かったのを覚えています。

弟は初めての訪問なのでそちらも周りたかったのですが、どこもだいたい5時閉館で間に合わず。。
残念・・・
仕方なく外側からだけ眺めて写真だけ撮ってきました。

シェークスピアの生家
b0132411_4223362.jpg

アン・ハサウェイの家(シェークスピアと結婚するまで住んでいた家。当時の裕福な農家の典型だそう)
b0132411_42445.jpg


Avon川のほとりを散歩するのは気持ちがいい♪
b0132411_4261866.jpg


途中、ナローボートに乗った一家が横を通り過ぎました。
水位の違う水路を渡る光景を実際に見たのが初めてだったのでとても興味深かったです。

幅ギリギリの狭い水路に進入。
b0132411_432577.jpg

水位はこんなに違います。
b0132411_4325111.jpg

お兄ちゃんが水門を開け、水位が一定になるのを待って通過します。
b0132411_4342674.jpg


別のナローボート。こちら豪華☆
b0132411_436992.jpg


午後7時。夕食White Swan Hotelで。
15世紀から存在する歴史ある場所。ごはんもおいしかったです。
外はまだまだ明るい!
b0132411_439052.jpg


ロンドン行きの最終電車に乗って帰りました。
車内、冷房が効きすぎて寒すぎっ!!
外の気温も決して高くないのに、ヨーロッパ人の体温に合わせるとこの状態になるのかしら。
マフラーと上着、持ってきて大正解☆(それでも寒かった・・)

終点のロンドン、マリルボーン駅の一つ手前のWembley駅で人がドヤドヤた~っくさん乗ってきました。
Wembley Stadiumでサッカーの試合でもあったかな・・?

電車を降り、改札口へ向かうと遠くで何やら騒々しい。
人が多いせいだけのうるささではなく、ちょっともめているような怪しい気配。。
嫌な予感を抱えながら改札を通り過ぎた直後、殴り合いのけんかが起きてしまいました。
大きな体をした男同士。
女性の悲鳴と同時に殴った瞬間を見てしまった・・
血を流した人もいたし、倒れて動けなくなった人もいたし。。
大事には至らなかったようですが、怖くて心臓がドキドキしました。

冷静さを持っていれば、こんなことにはならなかったでしょうに・・
けんかは売られても買わない「大人な」対応が望まれます。

なんだか変な一日の終わりになってしまいましたが、日帰り小旅行、楽しかった~♪
[PR]
by miepoohsuke | 2009-07-21 04:54 | 旅行(Travel)

Isle of Wight

7月11日(土)、弟とイングランド南端にあるワイト島に行ってきました。

ヴィクトリア女王が愛した場所で、家族との休暇を過ごしたというオズボーンハウスが有名です。

ロンドンのウォータールー駅からポーツマスまで1時間半。
そこからフェリーに乗り換えてワイト島(Ryde Pier)に渡ります。所要時間18分。

電車も30分ごとに早く着くのが出ているし、フェリーとの接続もちょうどいいので、とてもスムーズです。

私たちは電車を使ったので、この行き方でしたが、車で行く場合(車もフェリーに乗せる)はポーツマスからFishbourneに向かいます。(要予約。所要時間約40分)
詳しくはコチラ

ワイト島はイギリス人にとても人気があり、夏のリゾートを楽しむことができます。
ビーチもちゃんとあるし(見てないけど)。

フラットの不都合をいつも直してくれるおじさんに以前、イギリスのオススメはどこ?と聞いたら、「チェスター(イングランド中部)とワイト島」って言ってました。
ワイト島はできれば一泊した方がいいそうです。
(確かに日帰りでは時間が足りない・・)


この日はあいにくの雨(霧雨)。
しかも寒いっ!!

ジャケットを着ていたのですが、寒くてガタガタ震えるくらい。
マフラーが欲しかった。。><

フェリーでワイト島のRyde Pierに到着した後は、街に出るため桟橋を渡ります。
歩道と車道があり、その隣にはナショナル・レイルの電車も走っています。

私たちは歩くことにしました。
橋は木の板だし、隙間から下に海が見えるので、恐ろしい。。
b0132411_647442.jpg


ちょうどこの日はイベントでパレードがありました。
(何のイベント!?
メイクがちょっと怖かったりもするけど。。)
b0132411_6524747.jpg


観光案内所で資料を集めた後、オズボーンハウスへ。
バスで約20分。

おなかがすいたので近くのパブで腹ごしらえをしたのち、見学。

広い広い!
敷地に入ってから、チケットを買う場所までも結構歩くし、館は更に先。
建物内部もかなり広かったです。
どこまでが敷地かわからないくらい広い。
全部周るには一日がかりです、きっと。
後で気づきましたが、敷地内を走るバスがあります。
b0132411_72753.jpg

b0132411_724120.jpg

b0132411_732440.jpg

(↑この先は海です。もし晴れていたら見えたのかも・・)

ワイト島には蒸気機関車が一日5便走っています。
(繁忙日は一日10便。運行しない日もあります)
日本でもイギリスでも、蒸気機関車にはまだ一度も乗ったことがないので、是非トライしてみたかったのですが、既に最終発車時刻が迫っていて、バスも遅れて来たので間に合わず。
せめて写真だけでも撮りたかったな。。

Rydeに戻り、街を散策。
が、既に5時半。お店はどこも開いてない。。

そんな訳で、街中と海を写真に納め、そのままフェリーに乗って帰りました。
b0132411_7315919.jpg

b0132411_7323428.jpg

b0132411_733649.jpg


もし晴れていたら、海も街もとってもきれいだったハズ。
もっと時間があれば、コッツウォルズによくあるわらぶき屋根の家々や川が流れる美しい景色、ビーチなどを見ることができたのに。。

あぁ~、残念。。

もう一度、今度は泊まりで、しっかり事前に行動を立てて、島を満喫しに行きたいと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-07-17 07:26 | 旅行(Travel)

ホームベーカリー

念願のホームベーカリーを日本で買ってきました!

イギリスではなかなかおいしいパンが買えないので(クロワッサンはおいしい。でもカロリーが、、)、随分前から欲しいなぁと思ってたのです。
でもかなり大きいので場所も取るし・・とずっと悩んでそのままになっていたのですが、友だちが買った勢いにつられてついに購入♪

買ったのはパナソニックのSD-BM102という、もちつきコースが付いた一斤用。
今パナソニックのホームページを見たら、すでに新型が載っていました!(9月発売予定。何が変わったのだろうか。。)

早速焼いてみると、これはこれはおいしいのなんの☆
材料を入れて待つだけでこんなにふっくらできるなんて感激。
耳の部分はカリっとしていて最高においしい^^
しかも添加物などないし健康的。

家族みんなにも大好評♪
実家には人数がいつもより多かったので、朝焼きあがったパンは毎回瞬時になくなりました。
ほぼ毎日焼きました。

それを今回、手荷物にして飛行機に乗り、持ち帰ってきました。
(送るという手段もあったのですが、ウチの場合受け取るのに一苦労なもので・・)
本体で6kgもあるので、その他は大して入れてなくても手荷物全体で軽く10kgあったでしょう。

今日、イギリスで初めて焼いてみました。
変圧器を通すのでちょっと不安でした。
が、
焼き上がりはこんな感じ~。
b0132411_3115417.jpg

ちょっと膨らみが足らないようですがまずまずの出来。
電圧が高いからか少し焼き色が濃い目なような。。

パンはデリケートで、温度や湿度、材料によって焼き上がりが変わってくるので、これから研究が必要です。
レーズンやくるみなど自動で投入してくれる機能がついているので、タイマー予約にしてもプレーンなパンのほかにレーズンパン等を作ることも可能なのです。
これから朝ごはんが充実しそう^^

それに、おかずパンやお菓子パンを作るときも、生地だけ機械で作ることもできます。
せっかく重い思いをして持ってきたからには、存分に活躍してもらうよう頑張らなくっちゃ。

おいしいのが出来たらまたご報告します☆
[PR]
by miepoohsuke | 2009-07-10 03:25 | 料理(Cook)

戻りました

7月6日(月)、ロンドンに戻りました。

ウワサでは、「とっても暑い夏がロンドンにもやって来た」ということだったので、楽しみにしていたのだけど、天気がイマイチでちょっと肌寒いことも。。
やっぱり「いつものロンドン」でした。

この日は夫の実家から出発(夫と一緒の飛行機で帰ってきました)。
今回は空港のラウンジが使えるので、早めに出てそこでゆっくり朝食を取ろうという計画でした。
前日のうちに成田エクスプレスも予約したし、余裕を持って電車に乗りました。

が、、、
この日は不運でした。。
途中、電車が止まってしまったのです。
最初は「時間はまだあるし~」と余裕だったのですが、いっこうに動き出す気配がないのでだんだん焦り気味に。
原因は東西線の車両故障でホームから動けないので、我々が乗っていた電車は中野駅に進めなかったのです。
せめて、駅で停車していれば、他の線や地下鉄に乗り換えることも可能だったのに、駅と駅の間で40分くらいも電車に閉じ込められて、ラッシュ時で立ちっぱなしだし、気分が悪くならないように楽しいことを考えるよう試みたり、でもイライラと焦りが募ったり。

予約していた新宿8:03発の成田エクスプレスには乗れず、新宿の駅員さんが「次は9時の東京発です」と教えてくれたので、そこから中央線に乗り東京へ。
これも普通なら全然問題なく到着する時間はあったのに、ラッシュ時間でお客さんが溢れ、電車もつまってしまって、なかなか発車せず。

とうとう9時の東京発にも乗れませんでした。

仕方がないので次の電車を聞くと、10時ちょっと過ぎの成田エクスプレス。
到着が11時ちょっと前とのこと。
フライトが12時なので、ギリギリ間に合うかな。。
(総武線快速の成田空港行きが15分ほど早く着くようだったけど、荷物も大きいし、その電車も混んで大変だろうと思ってやめました)

東京駅で50分ほど時間ができてしまったので、ここであえなく朝ごはんを食べることに。
う~ん悔しいっ!!
本当なら今ごろラウンジの朝食ブッフェで優雅な食事だったハズが。。

もう一本早い電車に乗っていれば、、
もう一本遅い電車にのっていれば、、(別のルートを考えられた)
快速に乗っていれば、、
地下鉄に乗っていれば、、

と考え出すときりがない。

最終、飛行機に間に合ったことでヨシとするしかないのかな。
ちなみにチェックインを終えた後、免税店には一切寄らず、ラウンジで飲み物一杯だけもらいました。
執念で・・^^;


今回の滞在、私は5週間。
長いように思えてやっぱりあっという間。
大忙しの毎日で疲れたけど、充実していたなぁ・・と思い返してます。
保育園の送り迎えも何だかんだ楽しかったし、早起きをして健康体になったかも。

さて、これからはロンドンの夏を満喫しなくっちゃ!
何から始めようかな~。。

とりあえず今(私の)弟が遊びに来ているので、明日は初のウェールズ上陸を考えてます!
[PR]
by miepoohsuke | 2009-07-09 18:54 | ロンドン(London)