2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Cotswalds

11月19日(水)、日本から遊びに来た元会社の先輩と「みゅう」の日帰りバスツアーに参加しました。
コッツウォルズAコースで、行き先はバーフォード、グロスター、カッスル・クームの三箇所。
ロンドンも見どころたくさんだけど、やっぱりイギリスは田舎が美しいので、行ってみてよかったです。
私自身、「みゅう」のコッツウォルズバスツアーは三度目でしたが、Aコースは初めてだったので、一緒にかわいくて美しい村&町を楽しんできました。

まず最初のバーフォード(Burford)。
坂道にまっすぐ伸びるハイストリートに小さなかわいらしいお土産やさんやパブなどが並び、小道を入ると教会があります。
自由時間は45分。歩くだけなら十分だけど、お店を見ていたらあっという間に集合時間になってしまいました。教会には行けず・・
b0132411_7334136.jpg

b0132411_7341956.jpg














次はグロスター(Gloucester)。
ここはコッツウォルズらしい村ではなく、地方の小さな街という感じ。
この場所をコッツウォルズ丘陵地帯に含めるかどうかは微妙らしい(Byガイドさん)。
有名なのはグロスター大聖堂。
ハリーポッターの映画撮影に使われたそうです。

何故か皆にコーニッシュパイ(コーンウォール地方の名物)が配られました。
ボリューム満点でそれだけでおなかいっぱい。。

大聖堂の回廊。
b0132411_74710100.jpg

中庭。
b0132411_7483530.jpg














最後はカッスル・クーム(Castle Combe)。
人通りも少なく、道一本だけの、小さな小さな村。
お店(絵などを販売)が一軒、パブが一軒、ホテルが二つ。
一つ一つの家がとってもかわいい。
それぞれ"○○Cottage"という名前が付いている。
どの角度からも絵になる風景だったので、写真とりまくりでした^^;
b0132411_7592489.jpg

b0132411_80848.jpg














教会の(多分)手作りケーキ。
一つ1.5ポンド。
お金をドアのポストに入れる。
レモンケーキを買ったけど、甘さもちょうどよく、レモンのすっぱさもほのかにあってとってもおいしかった!
b0132411_80483.jpg
[PR]
by miepoohsuke | 2008-11-29 08:12 | 旅行(Travel)
11月8日、9日に、ハムステッドにあるクライストチャーチで、お花の展示会が開催されました。
ここは毎週レッスンで使わせもらっている教会です。

この週末はイギリスのあちこちで「戦没者追悼」の式典が行われ、この教会でも日曜日のミサの際、セレモニーを行い、普段よりもたくさんの人が礼拝に来る、という教会側の配慮もあって、この日に開催されました。

せっかくのいい機会なので、ミサにも出席してみました。
パイプオルガン、トランペット、聖歌隊もいて豪華だったし、数人(10人くらい?)で鐘も鳴らしていました。
ミサの最中は、牧師さんが聖書を読み上げ、後の部分を皆で読み上げたり、近くの人と握手を交わして"Pleased to be with you"と言い合ったり、「キリストのパンと血(?)を分け合う」というフレーズを読んだあと、牧師さんから何か(飴みたいなもの?)をもらって銀のグラスに入ったものを一口ずつ順番に飲んだり(ここは私は遠くから見てただけ)と、いろいろ興味深かったです。

出展した作品は、人によっては二つ、三つと作ったり、教会の真正面や入口、中央の通路など、教会ならではの場所を活かしてアイデア満載の作品を完成させた人もいて、人の作品を見て圧倒され、すごく勉強になったし刺激を受けました。
私は木曜日一日しか時間がなかったので、一作品のみの展示になりました。

今回私が作ったのは"Parallel の Horizontal"です。
Parallel …「平行の」
Horizontal…「水平の」
b0132411_3462455.jpg

b0132411_3465975.jpg















[使った花材]
・バラ
・カラー
・トルコ桔梗
・ヒペリカム
・スキミア
・ブプレリウム
・ぶどう(マスカット・赤紫)
・オレンジ(少しドライにしました)

(その他)
・赤い枝/お箸…横のラインを強調する為
・キャンドル
・白いふわふわ
・サイゼル(アレンジの下に細長く敷いた繊維のようなもの)

[作り方]
・真横に平行に挿す
・縦の茎のラインが見えないように
・茎同士の空間をキープ
・花の上から横の線になるもの(枝など)をさしてもよい→立体感が出る

[感想など]
・今回は「クリスマス」をテーマに作成。題名は"Happy Dinner Table"
・展示用にいつもの倍のオアシスを使用したので、かなり大きな作品に仕上がった
・フルーツやお箸など、花以外のものも使って楽しめた


★皆さんの作品(一例)★
b0132411_47339.jpg














b0132411_44656.jpg














b0132411_453064.jpg














b0132411_4163169.jpg















b0132411_483821.jpg

























b0132411_4175197.jpg
[PR]
by miepoohsuke | 2008-11-12 04:19 | フラワーアレンジメント(Flower)
10月30日、自宅から徒歩15分ほどのところに、Westfieldというヨーロッパ最大(都市部で?)のショッピングモールがオープンしました。

高級ブランドからカジュアルブランド、日用品、デパート、スーパー等あらゆるジャンルのお店が揃い、Webサイトによれば、265以上のショップ、16のブランドが共存しているようです。

ここにくればほとんどの用事は済ませられそうだし、これから益々天気が悪くなるロンドンの娯楽として最適です。

私がロンドンに来た2006年には既に工事が始まっていましたが、「イギリスのことだから何年越しのプロジェクトになるのか・・」、「本帰国するまでに完成すればいいなぁ・・」ぐらいにしか思っておらず、一切の期待をしていませんでした。
ところが、今もうオープンできたとは。嬉しい誤算!
やればできるじゃん☆

近所の友だちと早速ちょっとだけ覗きに行ってきました。
平日にも関わらずすごい人。
日本のようにオープン記念セールなどの習慣がないので、そんなに混まないかなと甘い考えを持っていたけれど、予想外に大混雑。
メディアもたくさん来ていました。

エスカレーターで降りているとき、突然すぐ後ろの人がレポートを始めたので、ビックリして前方を向くと、カメラがこちらを向いているではありませんか!もしかしたらどこかの局に私が映ったかも^^

驚くことが一つ。
盛大にオープンしました!って報道したけれど、ナント全部のお店が揃って開店しているわけじゃないのです。お店もレストランも準備中ばかり。
お店に看板だけあって、ウィンドウには黒幕を張り、「11月オープン」とか、ひどいのはルイ・ヴィトンの「3月オープン」の文字。

こんなのってアリ!?
どうして間に合わせないのか不思議でならない。
せっかく外枠の完成が間に合ったのに、テナントがちゃんとやらないなんて、もったいないし全体の価値も下がると思うけど。。
あんまり気にしないのかな、この国の人は。

しかもエレベーターが全部動いていなかった。
友だちはベビー連れなのでバギーもあって、エレベーターが使えないのは非常に不便でした。
エスカレーターはやっぱり危ないし。
そもそも車椅子の人はどうすればいいの!?

今回は人が多すぎてなかなか思うように歩けなかったので、個々のお店の中には入らなかったけど、大体は知っているお店ばかりで使い勝手はよさそう。
正直一番嬉しいのは、スーパー(Waitrose)の品揃えが結構よかったこと。
しかも入口から一番近いところに位置しているし。
自宅が買い物にちょっと不便なところにあるだけに、生活に欠かせないこのスーパーの存在が、これから随分大きくなりそうです。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-11-02 19:04 | ロンドン(London)