2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Belfast(Northern Ireland)

8月25日が「バンクホリデー」でお休みだったので、23日から2泊3日で、北アイルランドのベルファストに行ってきました。

今回の第一目的は、北の海岸にある世界遺産「ジャイアンツ・コーズウェイ」に行くことでした。
六角形をした柱がボコボコ敷き詰められていて、それが海岸に広がっているのです。
b0132411_614572.jpg

b0132411_6163272.jpg

約6100万年前と5800万年前にマグマが噴出し溶岩台地となった。
約1万5000年前に大規模な氷河が覆い、その後も数度の氷期をはさみながら長い年月をかけて氷河が大地を大きく削り、海岸線は海水が凍ってできた氷が岩肌を磨くように削っていった。
その結果、古い溶岩台地の地肌が露出して現在のジャイアンツ・コーズウェイになった。
とのことです。

自然にできたとは思えない、不思議な景色でした。
高さが結構あるし、海岸スレスレのところにもみんな上っているので、落ちないかちょっとヒヤヒヤしました。
この日は晴れたからよかったけど、雨が降ったら滑って絶対キケン!
それに、遊歩道のすぐ脇は崖になっていて、「落石注意」の標識があります。かといって何のガードもされていないので、本当に各自頭上注意が必要。

ジャイアンツ・コーズウェイ近くに、「キャリック・ア・リード吊り橋」があります。
断崖と小さな島を結ぶロープの吊り橋です。
渡るには事前にチケットを購入して、順番待ちをしなければならないのですが、海の上を渡れるのと、ちょっと揺れたりしてスリリングでおもしろい!
それに渡った先の小さな島からの眺めも素晴らしかった。
b0132411_6354490.jpg


今回は現地のバスツアーに参加。
この他にもキャリックファーガス城、ブッシュミルズ蒸留所(世界最古のウィスキー蒸留所)、ダンルース城などもまわりました。が、どれも短い時間しかなく、じっくり見学することはできませんでした。
とはいえ、乗ってるだけで人気の場所に連れて行ってくれるし、気兼ねなく寝れるし、昼間からビールも飲めるし、料金も一人17.50ポンドと安かったし(ネット割引)、とっても気楽に楽しめました。
ホテルでピックアップしてもらうように手配してあったのに、全然来なくて、何度も何度も連絡して、ようやく小さな車が来たのは(たぶん急遽手配したと思われる)約束の時間の1時間も経った頃でした。
バスに乗り込んだ時はすでに他のメンバーは勢ぞろいで空いている席もほとんどなく、私たちが遅刻したみたいな肩身の狭い思いをして、朝から不快な気分だったし、どっと疲れました。
結果無事に行ってこれたからまぁよしとしよう。

北アイルランドはカトリックとプロテスタントの対立が続いていました。
1998年に和平が合意され、現在は自治政府により安定した社会になってきていますが、市内をぐるりと周る観光バスで見てみると、場所によってはまだまだ紛争の面影が残っています。
でも、あちこちに工事中の場所があり、急速に発展している都市だということもうかがえます。

そういえば、タイタニック号はベルファストで造られたそうです。
観光バスで造船所もまわりました。
お土産やさんにもタイタニックにちなんだものが売られていました。縁起が悪い気がして買わなかったけど。

市内中心部はとても小さいところ。
徒歩で十分周れます。
初日と最終日が雨だったので、ホテルや喫茶店でまったり~、っていう感じでした。
食べるものもお店もロンドンと変わらないので特に興味も沸かなかったし。
同じ国だからそりゃそうか。
通貨が一緒だから楽だったな。

本当はダブリンに行き、ギネス・ストアハウスで本場のギネスビールを味わいたかったところでした。
でもベルファストでも泡がとっってもクリーミーでおいしかった♪♪
(黒ビールは苦手なので味見させてもらっただけ^^;)
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-30 07:14 | 旅行(Travel)

Vase Arrange…Front Facing

8月21日の作品。

花瓶を使ってフロントフェイシング(三方見)のスタイルでアレンジする。
花瓶は一般的且つゴミも出ないので、覚えておくと便利。
花瓶の形はいろいろあるが、極端に口が大きかったりすると花材がたくさん必要になるので大変。
花瓶の底が狭くなっている場合は側面を利用しながら固定すると良い。
今回私が使ったのは直系約11cmの円柱。

b0132411_3322372.jpg

b0132411_334457.jpg














[使った花材]
お花:
・グラジオラス。白。(Gladiolus)
・トルコ桔梗(ダブル)。ライムグリーンがかった白。(Eustoma)
・菊。黄色…(先週買ったもの。まだまだきれいに咲いている!)(Chrysantemum Santini"Viking")
・ベロニカ。青紫。(Veronica)

グリーン:
・ユーカリ(Eucalyptus)
・アスピディストラ。(葉蘭)(Aspidistra)
・セネキオ

[作り方・注意点など]
☆水に浸かる部分の葉は必ず事前に処理すること!(バクテリアが繁殖してしまうので)
★グラジオラスは先のつぼみを1~2個取り除く。
 →そうすると下の花に栄養が行き大きく咲きやすい。(もともと先端の花は咲きにくい)

・グリーンで横→手前→斜め(正面向き)で幅を決める。最低8本。(茎が細ければ多めに)
・グリーンで高さを決める。
・グロスポイントは後ろ気味。(奥行き・立体感を出す為)
・メインのお花を後ろから入れる。
・高さは大きくに変化させる。特に一本目と二本目。
・サブメイン等のお花も加えていく。
・花と花がくっつかないように、空間を保つ。
(その為に花の葉を落としすぎないようにする)
・メインの花は中心幅に。
・細かな花はサイドへ。
・花(先)の向きは内側にする。(外側にするとアレンジがだらしなくなる)
・角度をつけたいときは、花瓶の側面を利用して固定させる。

[感想など]
・グラジオラスを初めて使ってみた。季節の花だし、シャープな印象が出てよかった。
・先週買った黄色の菊がまだきれいに咲いていたので、それに合う色の花を選択した。
・手前左の大きな葉はKさんに頂いたのだが、アレンジが急にダイナミックになった感じがする。ただし、大きいだけに少しの位置や形の違いで全体のアレンジにかなりの影響を与えるのでとても難しい。でも、これが使いこなせるようになったら、スタイルの幅が広がって、いろいろ楽しめると思う。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-27 04:10 | フラワーアレンジメント(Flower)

Richmond & Kingston

Kingstonに住んでいるお友達Tちゃんに、RichmondとKingstonを案内してもらいました。

まずはRichmond。
ここは以前に少しだけ行った事があるのだけど、テムズ川が近くて、高台の絶景ポイントもあって、お店は何でも揃うし、とっても住みやすそうな街。

テムズ川のほとりからRichmond Parkへ向います。
川沿いに素敵なパブやレストランがあります。
b0132411_185537100.jpg

b0132411_18582595.jpg

あいにくの曇り空。ちょうど川が蛇行している所。この景色を楽しむ為ちゃんとベンチがたくさん用意されています。天気のいい日には最高に気持ちいいだろうな^^

Richmond Park内のPembroke Lodge Gardensへ。
すごい広いのにナント個人所有らしい。それを一般に無料で開放してくれているところには尊敬します。
その一角に展望台のような場所があります。
テムズ川ももちろんよく見え、遠くウィンザー城もかすかに見えますが、最も感動したのはコレ!
b0132411_19172871.jpg
垣根の合間から、ナント15km以上離れたロンドンのSt.Paul大聖堂が見えるのです!!



















戦争の時代にこの場所に指令本部が置かれていたことがあり、ロンドン人の心の拠りどころであるSt.Paulが望めるように建物(木も含む)規制がされたそう。
そして今もそれが守られています。
肉眼でもよく見えるし望遠鏡が設置されているのでそれを使うと尚よいです。

Pembroke Lodge へ。
b0132411_19295538.jpg

中で食事ができます。2階で結婚式のパーティもできるそうです。

Petersham Nurseriesへ。
Nurseryとは「託児所」という意味以外に「園芸店」の意味があります。
b0132411_1935517.jpg

ここにはティールームやレストランもあります。レストランは予約が必要なほど評判がいいみたい。

バス(65番)に乗ってKingstonへ。
b0132411_1936289.jpg

一瞬ドッキリ。
オブジェだそうです。豪快ですね。
街もこじんまりしていて歩きやすく、マーケットやデパート、ショッピングモールなどもいろいろ揃っていてとっても便利!かわいい建物も♪
b0132411_1938395.jpg


よく歩いた大満足の日でした。
この頃には喉もカラカラ。
Tちゃん宅でいただいたよく冷えたウーロン茶がおいしかった^^
夜もグッスリ眠れました~♪
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-20 19:50 | ロンドン(London)
8月14日の作品。

フロントフェイシングの花束の2回目。
今までにあまりやったことのない色合わせで挑戦。

b0132411_18183155.jpg
b0132411_18192064.jpg















[使った花材]
お花:
・バラ。朱色/オレンジ。(Rose)
・リアトリス。紫。細長い。(Liatris)
・スプレー菊。黄色。(Chrysanthemum "santini VIKING")

グリーン:
・ユーカリ(Eucalyptus)

[感想など]
・大きくて立派できれいに咲きそうなバラがあったので、それを使うために他の花の色合わせを試みた。が、この朱色にはなかなか合う色が見つからず苦戦・・
・今まで使ったことのない種類のお花「リアトリス」にチャレンジ。
・朱色に黄色を合わせると目がチカチカするけれど、このスプレー菊は真ん中が茶色で、目に優しいので、色を落ち着かせることができるのではないか、と思い選択。
・このスプレー菊、小さなひまわりみたいでとってもかわいい!なのに、「ヴァイキング」というワイルドな名前がついている・・イメージにあわないなぁ。。
・お花の形と色により、前回よりシャープで強いイメージになったかも。
・私の好みではあんまりないけど、雰囲気の違う作品に仕上がってよかった。
→家に帰り花瓶に生けて、改めて見てみると、色あわせもまずまずOKかな。
b0132411_18483273.jpg
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-20 18:38 | フラワーアレンジメント(Flower)

Hand Tied…Front Facing

8月7日の作品。

フロントフェイシングの花束。
二等辺三角形。
少ないお花で大きく見せることができる。
舞台などでの花束贈呈によく使われる形。

b0132411_23512373.jpg

b0132411_2351562.jpg














[使った花材]
お花:
・トルコ桔梗。クリーム色。(Eustoma)
・バラ。薄いオレンジピンク。(Rose)
・スプレー菊。くすんだオレンジ。(Chrysanthemum)
・アストランチア。白&緑色のふわふわ。(Astrantia)
・ビバーナム。たまむし色。(Viburnum)

グリーン:
・八つ手(外側のみ)(Fatsia/Japonica)

[作り方]
・「ひも」を用意(最後に束ねるためのひも)…花束が完成したときは片手が使えないので事前に準備。
・花の茎は下の方だけ葉を取って処理。(長さはそのまま…配置する位置によって長さが異なるので)
・後ろから作る。
・手元の茎はスパイラルに組む。
・花の高さを大胆に変える。
・時々葉などでクッションを入れ、空気感を出す。
・横から見た時に、妊婦さんのおなかのように下の方はふっくらと。
・下の方に花を入れるときは真横にするイメージで。
・下の方に花を入れるときは花は上向き。(受けるような感じ)
・正面から見た時に二等辺三角形になるように。但し完全な左右対称にしない。

(ラッピング)
・大と小を用意。
 大:角が真ん中にくるようにして長さを調整。
 小:ずらしながら半分に折る。(長さは短め)

・花束の手前に「小」を合わせ、後ろ側から「大」で包む。
・セロテープで固定。
・リボンをつけて完成。


[感想]
・高さが出て大きな花束になった。
・正面を見ながら作るので、全体の形が見やすく、持ち替えも不要なので、ラウンドより作りやすいかも。。(ラウンドは後ろも同じように作るので、回しながら作る)
・スピーディに作らないと、花の茎も痛むし、自分の腕も限界に・・(翌日はやっぱり筋肉痛^^;)
・長いトルコ桔梗に添えられるようなグリーンなどがあるとよかった。(一本だけが飛びぬけて角のように見えてしまう)
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-11 00:20 | フラワーアレンジメント(Flower)

L-Shape(asymmetrical)

7月24日の作品。

L字型、左右非対称のアレンジ。
b0132411_19173731.jpg


[使った花材]
お花:
・カラー。白。(Zantedeschia/Calla lily)
・デルフィニウム。水色。(Delphinium)
・アリウム。紫。(Allium)
・スターチス。濃い青。(Limonium/Statice)
・白くて丸くてフワフワした花(野に咲いていた花なので名前不祥)

グリーン:
・スチールグラス(細長い。張りがある)
・ピットスポラム(Pittosporum)
・モンステラ(Monstera)

[作り方]
・オアシスは横向きに使用
・グリーンで高さ、横幅を決める
・花は後ろから挿していく
・角の部分がフォーカルエリアになる
・角の部分には受け皿になるような大き目の葉か花を挿す
・厚みを出して肉付け

[ポイント]
・フォーカルエリアが左(もしくは右)になるので、倒れないようアクチュアルバランスに気をつける
・先端に行くほど細くする
・空間部分は広く空ける
・一週間前に使った「アリウム」の余りを使用。満開になって、まん丸のシックな色合いになった。

[感想など]
・スチールグラスを初めて使ってみた。
→・とても細いがピンっと張りがあるので、まっすぐのラインをきれいに出せた。
 ・極端に曲げると折れてしまうが、ループ状にすることもでき、アレンジにおもしろさを加えることができた。
 ・両端をオアシスに直接挿すことができるので、位置や形がはっきり決めやすく重宝する。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-08 19:53 | フラワーアレンジメント(Flower)
7月31日~8月3日まで、ロンドンから車で約一時間ほどのSunningdaleという場所で、全英女子オープン(ゴルフ)が行われていました。

近いし、日本勢も多数出場するということで、昨日(大会3日目)観戦してきました。
(ゴルフの観戦は日本・海外含めて初めて!)

お天気は途中急に雨が降ったりもしたけれど、おおむね晴れで気温もほどよく半そでになっても気持ちいい感じ。私は日焼け防止のために長袖を羽織りましたが。

到着したのは11時頃。事前予約は特に必要なく、直接行って入口で大人一人22ポンドを支払いました。

前日の成績によりスタート時間が決まるので、既にさくらちゃんはスタートしていて、前日首位だった不動裕理は最終組2時15分スタート。
その少し前には上田桃子と藍ちゃんが1組差で周るので、午後は大忙し。

着いてすぐは、勝手がよくわからないので、スコアボードを確認したり、打ちっぱなしの練習場へ行ってみたり。
その時間練習場には日本人選手はまだいなかったけど、韓国人っぽい若くてきゃしゃな感じのかわいい選手が練習していました。
時間が来たようで、そこからはスっといなくなったのですが、サインをもらっている男の子がいたので、「な~るほど、サインってもらえるものなのかぁ。」とそこで気づきました。
ペンを持たずに出てきてしまったことを後悔。
シャーペンはあったのだけど。。

それでも夫はそれを持って彼女の後を走って追いかけ、しっかりプログラムにサインをもらって戻ってきました!!
名前すら知らないのに・・(笑)
しかもエンピツで。。

プログラムの写真と照らし合わせて「Na Yeon Choi」さんとわかりました♪

さくらちゃんのプレーは後半を見たけれど、バンカーからのショットが抜群によくピンそば50cmくらいのところにつけたのはサスガでした!
そのホールはバーディ! ナイス☆

さくらちゃんが最終ホールの頃、藍ちゃんのスタートだったので、藍ちゃんのTショットを見た後(すごい人だかりでほとんど見えなかったけど)、さくらちゃんの最終ホールを見学。
そしてサインをもらう為に出待ちしました。
報道陣からのインタビューが終わるのをドキドキしながら待っていたら、けっこうすんなりみんなにサインのサービスをしてくれました。(2番目にもらった^^v)
今回はさくらちゃん自身のマジックで書いてもらったのでバッチリ。

その後ラッキーなことに、ワインなんかを買ってふらふら歩いていたら、向こうからすっかりリラックスしたさくらちゃんが歩いてくるではありませんか。

数日前にカメラが壊れてしまったのだけど、ちょうど近くを夫と同じ会社の方が通ったので、双方にお願いして一緒に写真を撮ってもらいました。
(夫がかなり積極的でした。相当ミーハーだということが発覚!)

いやいや我が家はすっかりさくらちゃんファンですわぁ~^^♪


もちろん桃ちゃんと藍ちゃんのプレーも見ました。
藍ちゃんは去年の優勝者ロレーナ・オチョア(メキシコ)と一緒だったこともあり、ものすごい観客数!
人が多すぎて道が詰まってしまい、プレーに追いつけない感じでした。
やっぱり日本人が多かったなぁ。藍ちゃん人気はスゴイ。

最後の18番ホールが終わると、またまた出待ち。
藍ちゃんはBBCのライブインタビューなんかもあって、結構待ったけど、またしても高順位でサインをゲット!
藍ちゃんは英語でペラペラしゃべってました。さすが世界で活躍するプレーヤーです。

今日(試合最終日)はテレビで観戦。
放映されたのは最終組が始まる少し前からだったので、不動裕理と藍ちゃんの組をよく映していました。
何十年ぶりかの日本勢優勝に向けて、一生懸命応援していたのだけど、韓国のShin選手があまりにも好調で、どんどん引き離されていくのを見ているのがつらかった。。

藍ちゃんはずっと2位だったのに、最後の最後でダブルボギーで5位になっちゃうし、とっても残念でした。
でもその後のインタビューで、「最後は残念だったけど、この一週間ずっといい調子でこれて満足している。」と堂々と明るく応えていたのがVery Good!!
次の試合はきっともっと活躍してくれるでしょう!!

テレビでゴルフをちゃんと見たのも今回が初めてだったけど、見ると結構おもしろいものですね。
選手も少しずつ覚えられるし。
今回は韓国勢や台湾選手も優秀なことを知りました。
アジアの選手が益々活躍してくれると期待しながら、次の試合を楽しみにしたいと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-04 06:25 | 娯楽(Entertainment)