2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:娯楽(Entertainment)( 21 )

Wimbledon

6月27日(月)、(4回目の夏にして)初めてWimbledon のテニスを見に行ってきました。
この日は大会7日目。

見たと言っても、もともとチケットを持っていたわけではなかったので、大会の雰囲気を味わった、という程度のものでしたが。。

会場に入るためにまず列に並ばなくてはなりません。
気合いの入っている人は朝から並ぶそうですが、私たちが到着したのは午後2時45分頃。
並ぶ際には番号の入ったカードをもらいます。(後で必要となります)
この日も最高気温33℃の暑い日でした。
b0132411_7361685.jpg

まだまだ先は長い。。
待つ人用に用意されたお店もありました。
b0132411_7395824.jpg

セキュリティーチェックを終え、入口はすぐそこ!
b0132411_7412232.jpg


結局会場に入れたのは午後5時15分頃。
2時間半待ちました。
お昼ごはんを持参して、中にある「ヘンマン・ヒル(マーリー・ヒル)」で食べるつもりだったのに、ちっとも列が進まずなかなか入れなかったので、結局外で待ちながら食べちゃいました。

5時以降の入場料はちょっとだけ安くなって16ポンドでした。
(現金のみ。カードは使えないのでご注意を!)

今日の試合一覧。
b0132411_744146.jpg


これがかの有名な Centre Court ですかぁ~。。
b0132411_745829.jpg

(↑ この写真では見えませんが、ちょうどクルム伊達選手がダブルスで勝ったスコアが映し出されています。)
できれば試合を見たかったな~。。間に合わず残念。。><

日本でもテレビを見た方が多かったと思いますが、クルム伊達選手とビーナス・ウィリアムズ選手の試合は本当に素晴らしかったですね。
テレビで見ていて感動しました。
実況している人も伊達選手を大絶賛していました。
この試合を見て勇気づけられた人も多かったのではないでしょうか。


さて、ちょうど錦織選手のダブルスが始まるので早速会場へ。
一番前の席を確保しました。
向こう側に見えているのは No1 Court です。
ちなみにこのコートはNo16。
随分アットホームな感じ^^
b0132411_7563389.jpg

いつ始まるのか、今か今かと待っていたのに、なかなか始まらず気づけば1時間ほど待っていました。
時間があまりないというのにもったいないことをした。。><

ボールボーイたちが来ました。
よく練習していて、きびきびと動く姿がすがすがしいですね。
入場の際も、それぞれ角をカクっと曲がって行きました。
b0132411_80819.jpg

審判団も入場の際はちゃんとジャケットを着ていました。
それぞれの定位置に着いた後、ジャケットを椅子にかけていました。

こういう時(だけ)はちゃんとするのねぇ~。。^^;

結果は残念ながら負けてしまいました。
でも間近で見れたのでよかったです。
コートのすぐ傍に座っていたので、ボールが飛んできそうでヒヤヒヤしていたけど。。
b0132411_8335327.jpg

そういえば実際、最初のゲーム中、フォルトのサーブが観客席にいた男の子の顔に直撃してしまい、試合が一時中断しました。
主審も駆け寄って何か声をかけていたようです。
大丈夫だったかな、あの子。
そういうハプニングはどうしてもあるでしょうね。。

その後会場内を散策。
友だちは名物のいちごを買い、私はPimm'sを♪♪

ようやくヘンマン・ヒルへ。
混んでいて座る場所を見つけるのも一苦労。
巨大スクリーンにはナダルの試合が放映されていました。
b0132411_83057100.jpg

ロンドンの街並みも見えて気持ちがいい~^^
b0132411_8121662.jpg



センターコートやNO1コートなど、大きなコートに入るためには別のチケットが必要です。
5時以降、Resaleのチケットが販売されるので、その列に並ぶか迷ったけど、その列もまたものすごい長さだったので諦め、丘の上で風に吹かれながらスクリーンを見ることにしました。

ウィンブルドンの期間中はしょっちゅう雨に降られるけれど、この日は幸運なことに大丈夫でした。

最後にショップを覗いて、選手がみんな使っている大きなバスタオルが欲しかったけど、28ポンドもするし、大きくて分厚すぎて使い勝手が悪そうなので買いませんでした。
でももし半額くらいになったら買おうかな。。(セールになるかどうかは知りません。。)


「イギリスの夏」を経験できた気がして大満足でした☆
駅までの道が混雑していて、家に着いたのは10時半くらいになってしまい、さすがに疲れたけどとっても楽しかった!

大会期間中は、主にセンターコートの試合をテレビで見れたので結構見ていましたが、あっという間に終わってしまいました。ちょっと寂しいです。

次は全英オープンを楽しみにするかな♪
[PR]
by miepoohsuke | 2011-07-08 08:36 | 娯楽(Entertainment)

歌舞伎&Swan Lake

7月6日(日)、市川海老蔵主演の歌舞伎「義経千本桜」を観ました。
歌舞伎を観るのって初めて。
歌舞伎座で見るのとはだいぶ違うのでしょうが、あちらは格式が高い感じなのに対し、こちらでの公演は普通の演劇のような感覚で気軽に見れた感じです。

ただ、、
第1幕のシーン2はもう眠くて眠くて・・
ひたすら耐えました(汗)

歌舞伎の前にマーケットへ行ったり美術館へ行ったりと、歩きまわったせいもあったのかもしれない。。^^;

オーディオガイドがあればまだマシだったかもしれないけれど、何のことやらさっぱりわからず、単調で長い~。。

この日は日曜日で時間も午後4時からと他の日より早かったこともあって、子供たちもたくさん来ていましたが、やっぱりつらそうにしているのが後ろからよくわかりました。

第2幕は雰囲気一転、テンポもいいし仕掛けもあってすごく楽しめました。
海老蔵は運動神経がとてもいいですね。

前の方の席に座った人たちは出演者の顔の表情もよく見えたようですが、私たちの席からはそこまで見えませんでした。残念。。
オペラグラスが欲しかったな。。



6月15日(火)、Royal Albert Hall で、English National Ballet の"Swan Lake"を観ました。
平日だったので一人で。
ちょっと緊張したけれど、大丈夫でした^^
b0132411_0442195.jpg

b0132411_0444755.jpg

真ん中の楕円になっているところが舞台。広いっ!
この席からは手前が一部見えなかったけれど、ほぼ問題なし。

ここに、白鳥が次々に出てきて、きれいに揃って踊っていたのは見応え十分。迫力がありました。
全部でなんと60人もいましたっ!

ストーリーはハッピーエンドとそうでないのと2通りあるそうですが、今回はハッピーエンドだったのでよかったです^^

家から徒歩でも行ける距離なので、何度もホールの前を通ったことがあるのに中へ入ったことがなかったので、入ってみたい!という気持ちがあったのと、有名な「白鳥の湖」なのにちゃんと見たことがなかったし、それと1週間前に新聞で10ポンドOFFのオファーが出ていたので、行くことにしました。

平日だったので当然夫は行けないだろうと勝手に一人分のチケットを買ってしまったので、買った後に報告をしたらちょっと寂しそうでした。
ごめんね。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-07-10 01:02 | 娯楽(Entertainment)

World Cup

日本、やったね!!

最初の本田のフリーキックからのゴールには興奮しましたぁ~^^
精度を上げてきましたね。

その後の遠藤のゴールも見事で、その後はもう安心して見ることができました。

今日はお友達の家に呼んでもらい、裏庭でBBQをして、その後みんなで観戦しました。
開始直後はボールがデンマーク側に寄っていたので心配だったけど、そのあとはずっと日本有利だったような。

あんなすばらしい試合ができるなんて。
PKは全然大したファウルじゃなかったですよね~。
相手の演技が上手すぎただけのような。。

最後のゴールも本田が自らシュートするかと思いきや、冷静に判断してパスを出して確実に岡崎がゴールした、という感じでしょうか。
ちょっと前の本田だったら、絶対自分が!って思いそうなところですが、ちょっと大人になったのかなーと感心していまいました。

解説者も本田のことをを褒めてました。
イングランドのチームに来ないかなぁ。。
HONDAっていう名前も外国人に覚えやすくていいですね。

日本でテレビ観戦していた方々は相当ツライ時間帯でしたよね。
お疲れさまでした。
こちらは時差1時間だし、全部の試合をテレビでやってくれているので、いつでも見られます。

次は火曜日ですね。
これも見なくっちゃ。パラグアイって強いのかな。。


イングランドも昨日はようやくいいゲームができて初勝利。
このまま勢いづいて勝ち進んでほしいです。
でも今度の相手がドイツだからねー。。。

昨日は友だちとパブで観戦しました。
イギリス人に囲まれて^^

ブブセラ(でしたよね)を持っている人がいてものすごい音が鳴ったり、最初の国歌斉唱の時にはパブ中国歌を歌ったり、途中も応援歌が聞こえて来たり。
期待通りの盛り上がりでした。

ルーニーにゴールがないので、ちょっと元気がない気がするけど、テリーの気迫のプレーには感動。
この調子で次も頑張ってほしいな。

我が家は車にイングランドの応援グッズをつけてます。
b0132411_8192163.jpg

せっかく付けたこの旗ですが、一日で盗まれてしまいました。
片方は残っていますが・・

安かったしどうせ短期間しか使えないものだからいいけど、安いんだからこれくらい買えよ~って思います。

今は乗る時にいちいち付けることにしました^^;

楽しみがまだ続くので嬉しいですね。
頑張って応援しましょう☆


・・・以下追加・・・

Yahooの記事に、本田が「あそこで2点目を取れないのが、おれがストライカーになれない理由だと思います」と言っていたので、やっぱりあそこでは本田が行くべきだったのかしら・・?と思い、ウチの専門家(夫)に聞いてみたら、「ストライカーだったら打つべき」とあっさり言っておりました。

ストライカーはあそこで自分で行って確実に得点することが求められるそうです。
パスをしてミスをするかもしれないし、行けるなら行く。ということみたい。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-06-25 08:29 | 娯楽(Entertainment)

ムサシ

5月8日、バービカンセンターで演出蜷川幸雄、原作井上ひさしの「ムサシ」を観てきました。
主演は藤原竜也。

公演が始まってから、夫が会社で「おもしろかった」というのを聞いて「見に行きたい」と言うので、それからネットでチケットの検索をしたものの、完売で買えず。。

夫は諦めきれなかったようで、当日の朝、バービカンセンターに電話をしたところ、「午後5時40分に並べば買える」と言われました。

夫は夕方まで会社に行かなくてはならないというので、私がその時間に行って並ぶことに。
てっきりすぐ販売開始されるのかと思いきや、列が動き始めるまでに1時間以上待たされて、ずっと立ちっぱなしで腰が痛くなりました。。^^;

前から8番目くらいだったので、無事チケットを購入することができました。
2階席の右の方でしたが、十分よく見えました。

わかりやすいストーリーで、展開もおもしろかったし、途中タンゴのような音楽になって踊り(?)出したところは笑えました。

蜷川作品とあって、日本人だけでなくローカルの人もたっくさん来ていました。
彼らも楽しめたかな。(ステージの両サイドに英語字幕あり)

そうそう、井上ひさしさんが亡くなられた直後とあって、会場に遺影が置かれていました。
最後に出演者と蜷川さんが出てきた時にも、出演者の一人が遺影を持っていました。

ロンドン公演から始まって、ニューヨーク、その後日本へ移ったそうですね。
世界で認められていてすごいなぁ。。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-06-21 01:46 | 娯楽(Entertainment)

Ballet & Musical

4月17日、ロイヤルオペラハウスで吉田都さんの「シンデレラ」(バレエ)を観てきました。

チケットを取ったのが遅くて、残っている席がほんのわずかしかなく、隣合わせの2席というのがなかなかありませんでした。
仕方がないので前後の席を取りましたが、ストール(一階)席だったので結構よく見えて、すごく楽しめました。

吉田都さんがロイヤルバレエに出演するのが今回が最後(本当の最終日は4月23日)ということを聞いて、一度くらいは見ておかねばっ、と思って慌ててチケットを取ったのです。
買えてよかったぁ~^^

絶賛されるだけあって、本当に素晴らしかったです。
かわいらしい仕草やエレガントな動き、歩き方や回転など、どれも見事でした。

ロイヤルオペラハウスには以前一度バレエを観に来たことがありますが、その時は席がかなり上の方で、しかも横向きで、覗きこんでもステージの半分くらいしか見えなかったのです。
でも今回はそこそこいい席だったので、豪華なホールに圧倒されながら、高貴な雰囲気を楽しみました。
b0132411_19940.jpg

b0132411_195434.jpg



4月28日、マチネで"Sister Act"(「天使にラブソングを」)のミュージカルを観ました。
当日Leicester Squereの"tkts"(当日の余りのチケットが割安で買える)に行き、「いいのが何かあれば見ようか」というお気楽なトーンだったのですが、比較的新しいこのミュージカルがお得な価格で観れたのでラッキーでした。

ストーリーはおもしろいし、歌の迫力が満点でこれもとても楽しかったです。
観ながら歌いたくなりました♪

おばあちゃんシスターの動きがコミカルでかなり笑えました。
結構なお年なのに、1ステージ出られる体力がすごいなーと感心します。

こんな風に気軽にミュージカルを見られるものロンドンのいいところ。
また何か見たいなー。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-06-21 01:19 | 娯楽(Entertainment)

Japan v England

いやぁ~、、エキサイティングでしたーっ!!

イングランド相手にこんなに立派に闘えるなんてっ☆
途中までは勝ちが見えていただけにもったいなかったなーという気もしますが。
ワールドカップ、日本も期待できそう^^

オーストリアでの親善試合、本当は現地に行くH.I.Sのツアーに惹かれて行きたかったのだけど(明日はたまたま休日だし)、残念ながら断念。。
その分、テレビ放映が始まる前からテレビの前でスタンバイして楽しみにしてました。
いざ始まるとき、その瞬間はちょっとドキドキしちゃいました。

普段プレミアリーグを見ているので、イングランドの選手の方がよく知っていて、日本人選手が本田選手くらいしかわからなかったのだけど、
まずゴールキーパーの川島選手、すっごいいいっ☆

Terrific Save! って解説者も言ってたわ。
LampardのPKも防いだし、Rooneyの厳しいシュートも止めたり、何度もいいプレーがありましたね!

それから長友選手もいいですね。
小さいのに速いし、体も安定してるし、競り合いに負けないし。
相手にかなり嫌がられたんじゃないかしら。。

最初のうちはどうなることかと思ったけど、だんだんパスがつながるようになって、調子が上がってきてました。
それに引きかえ、前半のイングランドはかわいそうなくらいにぎこちなかったですね。
後半は相当なメンバーが入れ替わって雰囲気がガラリと変わりましたが。

ワールドカップではイングランドにも頑張ってほしいので、もしイングランドが負けていたら自信を失って不安だけが残ることになったけど、何とか逆転したので、まぁ良かったかのかな。

でも日本にとってオウンゴールで2点失ったのはやっぱり惜しかったですねー。
もし勝ててたらイングランドからの記念すべき初勝利だったのに。。
残念すぎる。

でも大健闘だったと思います!

ワールドカップまであと2週間弱。
楽しみ~♪
[PR]
by miepoohsuke | 2010-05-31 00:04 | 娯楽(Entertainment)

Shadowbox(Anton)

少し前にシャドーボックスの教室で作った作品。

オランダのアントンの「ピアノを弾く少女」。
アントンの作品では定番のようです。

b0132411_21323668.jpg

(正面からの写真なので、立体感が全く伝わらないですね・・^^;)


友だちが作っていたのを見て、私も作ってみたくなりました。
女の子の髪の毛部分やろうそくなど、細かい部分は特に肩に力が入ってしまい、終わった後の肩こりがひどくて辛かったですが、やり始めるとどうしても夢中になってしまいます。

仕上げにはニスも塗るのでちょっと豪華な仕上がりになります。
アラも目立たなくなるし、さらに額に入れるとなかなか立派な作品に。

女の子の足がガニマタになっているところもかわいい。
とっても気に入ました♪


この作品はお誕生日のプレゼントにすることにしました。
喜んでもらえたのでよかったです。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-12-14 21:36 | 娯楽(Entertainment)

Shadow Box

5月8日、シャドーボックスの体験レッスンに行ってきました。

この日夫が家に帰るなり「どうだった?今日のボクシング?」と聞いてきましたが、ボクシングではありません!!

シャドーボックスとは、遠近法の原理に従ってカッティングし、シリコン樹脂を使って積み重ねることによって平面の絵を立体的に見せるもの。

2時間半ほどのレッスン一日で仕上がります。
初回はコレ。
b0132411_18424170.jpg

今回の絵は同じものを6枚使用。
先生が一枚ずつ、コレはここをカットして。と的確に教えてくれるのでスムーズです。
でもナイフを使った細かい作業なので、ものすごい肩が凝りました。

立体的になってるのがわかるかしら・・
b0132411_18442468.jpg

[PR]
by miepoohsuke | 2009-05-22 18:46 | 娯楽(Entertainment)

Radish

ちょっと前ですが、プランターで育てた自家製ラディッシュを収穫しました!

b0132411_18223395.jpg


なかなかサマになってるでしょ。
みずみずしくて甘くて、ピリッとした辛味もあって。
おいしかった~。

友だちが種を蒔き、芽がでてきたところで分けていただいたので、プランターと土を買い、植え替えました。
土いじりなんてしたことないからどうしたらいいのかよくわからず、プランターに土をそのまま入れちゃったけど、本当は石とかウッドチップとかを底に入れて水はけがしやすいようにしないといけなかったみたい。

案の定、雨が連日降った時には、プランターに水が溜まりすぎてしばらくひたひた状態でした。
仕方がないのでプランターを斜めにして水をこぼしましたが。

「二十日大根」と言われるけれど、種を蒔くところから考えると倍近くかかったかなぁ。。

写真のは一番の優等生くん。
他の子はやせ気味もいれば、まったく育たなくてかわいそうな子もいました。

やっぱりうまく育てるのは難しい。
売られている立派な野菜たちに、もっと敬意を払わなくては。。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-05-22 18:30 | 娯楽(Entertainment)

Sunbury Antique Market

3月31日、友だちに誘われて、Sunbury Antique Market に行ってきました。

ロンドンのWaterloo駅からNational Railで約40分、Kempton Park駅へ。
電車は30分おきに出ているので便利。
今回は8時42分発の電車に乗りました。往復11.80ポンド。

駅を降りてすぐの競馬場が会場で、月に二回催されます。
友だちは何度も通っているそうですが私は初めて。
Portobello Road Marketが家から近いので、たまにちらっと見る程度で、アンティークなど今まで買ったことはないし、興味も特にないし、よくわからないし、人が話している内容をへェ~って聞いているだけでした。

今回もただちょっとした旅行感覚で出かけてみました。
ここのマーケットはすごく広いです。
人も結構来てました。
日本人の方もあちこちでお見かけしました。
食器類、銀製品はもちろん、生地や家具がたくさんあります。
全部のお店をまわるだけで結構時間がかかりました。

室内と屋外とありますが、家具は屋外にあります。
この日は一日曇り空だったので、雨が降らないかちょっと心配しながら(雨が降るとお店を閉めちゃうので)ぷらぷら見ていました。
テーブルやキャビネットなど、素敵な家具がいっぱい。
でも大きいものは買ってもしょうがない(置き場がない)ので、もちろん見るだけ~。
ちょっとしたお花が生けられるような小さなものでもあれば買おうかなぁと思っていました。

写真を撮ろうとしたら、おちゃめなおじさんが手を振ってくれましたよ。
b0132411_547893.jpg


突如、目に飛び込んできたものが。。
思わず走って駆け寄ってしまいました^^;(一点ものだから誰かに先を越されたら困る)

「スツール」です。
あったらいいなぁとなんとなく思っていた程度だったけれど、形も大きさもバッチリ理想的で運命的な出会いを感じました☆
ただ、クッション部分がかなりへこんでいて、木の部分はしっかりしているのに、全体的にはくたびれた印象。
お店の人に「これ直せる?」って聞いたら、「スポンジを裏から外してひっくり返せば大丈夫よ」という返事。
ほんとにぃ~??と、疑いながらしばし悩んでいました。

そして、そのすぐ隣にはマガジンラックが。
これまた何かすご~く惹かれるものがあり、スツールともよくマッチしてしるんです。

スツールが20ポンド、マガジンラックが15ポンド。
「両方買ったらおまけしてくれる?」
と聞くと、「30ポンド」と言われました。
値切ることなど慣れてないので、しばらく考えて、「せっかく来たし、買っちゃえ!」と30ポンドを渡してしまったけど、「もうひと声!」って、25ポンドくらいにしてもらえばよかったなぁ~。。とちょっと後悔。

でも買って満足してます。
戦利品はこちら。
b0132411_5484691.jpg

家に帰ってさっそく、スツールのスポンジをひっくり返してみました。
意外と簡単にできたし、見た目も悪くないでしょ?

銀色の小物はRose Vaseという名前(らしい)。
網目が入っているので簡単に活けられます。こちらは5ポンド(Silver Plateです。モチロン)

お店はだいたい12時頃に閉店してしまうそうです。
私たちも12時ちょっと過ぎの電車で帰ってきました。
お昼はBond Streetにある「NAGOMI」(和食)へ。
ランチの「唐揚定食」を食べました。
お茶と枝豆が最初に出るし、唐揚は熱々サックサクでボリューム満点。もちろんお味噌汁付き。
お値段も7.60ポンド+Tax等。
ごちそうさまでした!

おなかも満たされ幸せ気分。
あぁ~楽しかった♪
[PR]
by miepoohsuke | 2009-04-03 06:08 | 娯楽(Entertainment)