2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Women's British Open (Sunningdale GC)

7月31日~8月3日まで、ロンドンから車で約一時間ほどのSunningdaleという場所で、全英女子オープン(ゴルフ)が行われていました。

近いし、日本勢も多数出場するということで、昨日(大会3日目)観戦してきました。
(ゴルフの観戦は日本・海外含めて初めて!)

お天気は途中急に雨が降ったりもしたけれど、おおむね晴れで気温もほどよく半そでになっても気持ちいい感じ。私は日焼け防止のために長袖を羽織りましたが。

到着したのは11時頃。事前予約は特に必要なく、直接行って入口で大人一人22ポンドを支払いました。

前日の成績によりスタート時間が決まるので、既にさくらちゃんはスタートしていて、前日首位だった不動裕理は最終組2時15分スタート。
その少し前には上田桃子と藍ちゃんが1組差で周るので、午後は大忙し。

着いてすぐは、勝手がよくわからないので、スコアボードを確認したり、打ちっぱなしの練習場へ行ってみたり。
その時間練習場には日本人選手はまだいなかったけど、韓国人っぽい若くてきゃしゃな感じのかわいい選手が練習していました。
時間が来たようで、そこからはスっといなくなったのですが、サインをもらっている男の子がいたので、「な~るほど、サインってもらえるものなのかぁ。」とそこで気づきました。
ペンを持たずに出てきてしまったことを後悔。
シャーペンはあったのだけど。。

それでも夫はそれを持って彼女の後を走って追いかけ、しっかりプログラムにサインをもらって戻ってきました!!
名前すら知らないのに・・(笑)
しかもエンピツで。。

プログラムの写真と照らし合わせて「Na Yeon Choi」さんとわかりました♪

さくらちゃんのプレーは後半を見たけれど、バンカーからのショットが抜群によくピンそば50cmくらいのところにつけたのはサスガでした!
そのホールはバーディ! ナイス☆

さくらちゃんが最終ホールの頃、藍ちゃんのスタートだったので、藍ちゃんのTショットを見た後(すごい人だかりでほとんど見えなかったけど)、さくらちゃんの最終ホールを見学。
そしてサインをもらう為に出待ちしました。
報道陣からのインタビューが終わるのをドキドキしながら待っていたら、けっこうすんなりみんなにサインのサービスをしてくれました。(2番目にもらった^^v)
今回はさくらちゃん自身のマジックで書いてもらったのでバッチリ。

その後ラッキーなことに、ワインなんかを買ってふらふら歩いていたら、向こうからすっかりリラックスしたさくらちゃんが歩いてくるではありませんか。

数日前にカメラが壊れてしまったのだけど、ちょうど近くを夫と同じ会社の方が通ったので、双方にお願いして一緒に写真を撮ってもらいました。
(夫がかなり積極的でした。相当ミーハーだということが発覚!)

いやいや我が家はすっかりさくらちゃんファンですわぁ~^^♪


もちろん桃ちゃんと藍ちゃんのプレーも見ました。
藍ちゃんは去年の優勝者ロレーナ・オチョア(メキシコ)と一緒だったこともあり、ものすごい観客数!
人が多すぎて道が詰まってしまい、プレーに追いつけない感じでした。
やっぱり日本人が多かったなぁ。藍ちゃん人気はスゴイ。

最後の18番ホールが終わると、またまた出待ち。
藍ちゃんはBBCのライブインタビューなんかもあって、結構待ったけど、またしても高順位でサインをゲット!
藍ちゃんは英語でペラペラしゃべってました。さすが世界で活躍するプレーヤーです。

今日(試合最終日)はテレビで観戦。
放映されたのは最終組が始まる少し前からだったので、不動裕理と藍ちゃんの組をよく映していました。
何十年ぶりかの日本勢優勝に向けて、一生懸命応援していたのだけど、韓国のShin選手があまりにも好調で、どんどん引き離されていくのを見ているのがつらかった。。

藍ちゃんはずっと2位だったのに、最後の最後でダブルボギーで5位になっちゃうし、とっても残念でした。
でもその後のインタビューで、「最後は残念だったけど、この一週間ずっといい調子でこれて満足している。」と堂々と明るく応えていたのがVery Good!!
次の試合はきっともっと活躍してくれるでしょう!!

テレビでゴルフをちゃんと見たのも今回が初めてだったけど、見ると結構おもしろいものですね。
選手も少しずつ覚えられるし。
今回は韓国勢や台湾選手も優秀なことを知りました。
アジアの選手が益々活躍してくれると期待しながら、次の試合を楽しみにしたいと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-08-04 06:25 | 娯楽(Entertainment)