2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

裾上げ

先日近くでAquascutumのセールがあったので、夫のズボンを3着買いました。
最近サイズがどんどん大きくなっているので必要にせまられていました^^;

会社に履いていけるようなタイプのものを買ったのですが、日本と違ってこちらでは裾上げのサービスが基本的にありません。
自分でできればいいのですが、いいものだし、プロにやってもらったほうがいいなと思って、近所のクリーニング兼お直しをやっているところに持っていきました。

翌々日くらいの仕上がりで、3着でなんと50ポンド(約11,000円)もしました!
表に一切値段の表記がなかったし、クリーニングでスーツ上下が最低でも12ポンド(約2,500円)くらいはするので、高いだろうなぁと予想はしていたけれど・・
物価高のロンドンに相当慣れたものの、久々に衝撃を受けました。

で、仕上がって、早速着用し始めたのですが、ちょっと丈が短すぎた気がするのです。
かといってもう一回お直しに出すのはもったいなさ過ぎるので、どうしようかなぁーって、裾をじっくり見てみると、
ナントナント手縫い(まつり縫い)だったのです!!!
しかも、表に糸がチョイチョイ顔を出しちゃって・・・
大ショック・・・
あんな高いお金を取っておいてこの始末(泣)
私が自分でやった方が上手いんじゃないの!?(怒)

でも同時に自分にも反省。
まず1着出して、仕上がりをチェックしてから他の2本をお願いすればよかった。
イギリスだから仕立て系は大丈夫でしょう!って勝手に思い込んでいたのがいけなかったし、横着してまとめてやったのが間違いでした。
(冷静に考えれば、何でもいい加減な人たちのやることだから信用できるはずなかったのに)

裾の端処理はミシン(断ち目かがり)でやってあるので、そうはいってもそれだけは自分ではできない(ミシンを持っていない)のでよかった。 (と思うしかない!)
丈はこれから自分で補正します。
[PR]
by miepoohsuke | 2008-06-27 18:05 | ロンドン(London)