2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Easter holiday

今年のイースター休暇は例年より遅く、4月22日~25日でした。

去年のイースターでドブロヴニクに行った以来、夫と二人で旅行するのは1年ぶりでした。

今回の行き先はイスキア(Ischia)島。
ナポリから高速船で50分のところにあります。
青の洞窟で有名なカプリ島の隣りです。

友人にシチリアを薦められたので調べたけれど、2月の時点でフライトがあり得ない金額になっていたのでプラン変更。
ナポリのフライトもかなり高かったけど、イースターの時期は仕方ない。。

雑誌FIGAROを眺めていたら、目が釘付けになった写真があり、それがイスキア島だったのです。
ご近所のお友だちが去年の夏に行ったというので、いろいろ情報を教えてもらえました。

夫の仕事が忙しかったので、今回もまたほとんど何もせずののんびり旅行。
出発(22日)もゆっくりだったし、帰ってきたのも(25日)お昼頃と早め。
(夫はいったん家に戻ってから会社に行き、23時まで帰ってこなかったケド。。)


イスキアで泊まったホテルの景色がすごく良くて、また来たいっ!って思いました。
山の上にあって、海も2つ見えるし、山は目の前だし。

そうそう、イスキアは温泉が沸くんです。
これもかなり魅力的♪

この時期まだ海は冷たくて入れないし、プールにも通常入れる感じではないのだけど、ホテルにあったのは温泉プールなので、ぬるいくらいの適温でした。(所々は暖かかった。)
ちなみに海水なのですごくしょっぱいです。
塩分が多いということで、水の中で浮いている人がたくさんいました。

途中曇りの日もあったけど、毎日暖かくていいお天気で気持ちよかった!
夫も「ゆっくりできた~」ってかなりリフレッシュできたみたい。

3泊のうち、2泊をイスキアで、最後の1泊はナポリでした。
(帰りのフライトが朝だったので時間的な問題)

ナポリで泊まったホテルもすごくよくて、ベランダからヴェスヴィオ山、アマルフィー海岸のある半島、カプリ島が見えました。夕暮れ時の海沿い散歩も気持ち良かったなぁ~。

パスタ、ピザはやっぱり最高☆
ほんとにおいしかった。

詳細は追々。。♪♪


ナポリのホテルではJSTV(日本の衛星放送)が見れました。
大河ドラマもやっていたけれど、いきなり見ても全然わからず。。

途中からは「生さだ」(今夜も生でさだまさし)の番組が始まった!
なんてラッキー☆

この番組好きなのよねぇ~^^
でも不定期だからなかなか見れなくて。。
年末に「紅白歌合戦→ゆく年くる年→生さだ」を見るのはは恒例となっていますが。

私はお風呂に入っていたのですが、番組が始まると夫が慌てて呼びに来てくれた^^

視聴者からのはがきを読み上げてくれるのだけど、それぞれの思いや状況がよく伝わってきます。

「見れてよかったねぇ」
「ほんと、すごいラッキーだったよねぇ」
って、夫は何度も言ってました^^


後半には気仙沼の階上中学校の答辞が紹介されました。
さださん本人は来年でデビュ-40周年になり、そろそろ身を引くころかなぁと考えていたそうですが、その答辞を聞いて「何を自分は甘ったれたことを言っていたんだ」と思ったそうです。
その答辞の映像も流れました。

オリジナルの放送(NHKニュース)はこちら


「しかし、苦境にあっても、天を恨まず、運命に耐え、助け合って生きていくことがわたくし達の使命です」

その言葉に、強く心を打たれました。
この状況にあって、なかなか言える言葉ではないですよね。


今回の「生さだ」は4月9日の再放送でした。
この答辞についてはご存じの方も多いでしょうね。

昨日家に帰ってメールをチェックしたら、父からメールが届いていました。
内容は、さだまさしの番組を見てこの答辞のことを知り、You Tubeで見たらどうか、ということでした。
同じタイミングで見ていたのね~^^

日本でこの番組が放映されるのは深夜です。
うちの両親はかなり夜型なのよね。。

次回は4月30日の深夜だそうです。
(ってもう来週じゃんっ!)
忘れないようにしようっと。
[PR]
by miepoohsuke | 2011-04-26 19:44 | 旅行(Travel)