2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Christmas Wreath

いつも通っているお花の教室(Living Seasons)のクリスマスワークショップに行ってきました!
この時期は日本に帰国していることが多くずっと参加できなかったので今回がお初。
作るものは5種類ほどあるのですが、私は「リース」作りに挑戦することにしました。

作業は大変だったけど、楽しくできて大満足☆
直径45cm、厚さ15cmほどあってかなりのボリュームです。
b0132411_0145789.jpg

b0132411_124729.jpg


普段のお花の教室ではお花を自分で選んで買っていくのですが、クリスマスワークショップはKさんがすべて準備してくれます。
グリーンも飾りもふんだんに用意してくれていて、その中から自分の好きなものを好きなだけ使わせてくれました。
飾りは色も大きさも豊富だし、ナチュラルなもの、明るくてキラキラしたもの、パールネックレスのようなものや金糸のような細かいものなどなど思い出せないくらいとにかくたくさんありました。


【作業工程】
Step1:リースの土台を作ります。
まず針金にモス(苔)を巻きつけて針金で固定します。

Step2:グリーンを付けます。
私はモミの木(Blue Pine)、スギ、アイビー、ツゲを使いました。
(アイビーは水持ちが悪いので暖房の効いた暖かい部屋にはあまり向かない)
手の中にグリーンを束ねてワイヤーで固定し、少し下にずらしてまたグリーンを手に束ねてワイヤーで巻く。
これを繰り返して一周作ります。
b0132411_0281219.jpg

b0132411_0352657.jpg


Step3:飾りを付けます。
いくつかの飾りを合わせてみてイメージを決めたら、大きいものから先に針金で固定します。
どんな雰囲気に仕上げるかかなり迷いましたが、私はナチュラル系で。
b0132411_0371860.jpg

次に、小さな飾りを足していきます。
厚みがあるので奥の方にも飾りを付けることがポイント!
(飾りを表面だけに付けてしまうと見る人の目がそこで止まってしまい、せっかく厚く作っても奥まで見えない)

完成っ☆★
b0132411_0382296.jpg

b0132411_0444126.jpg



せっかくなので他の方の作品も。
紫が効いています。すごく楽しい雰囲気。それに何だかおいしそう~^^
b0132411_0475822.jpg

ナチュラルな雰囲気の中にピンクのはじける色がとっても映えます。すごくかわいい♪
b0132411_0482360.jpg


朝10時半から始まったのに、夢中になって作業していたので気づくともう夜の7時すぎ。
アレレっ、まだ終わってな~いっっ。。^^;
途中近所の小学校の子どもたちが発表会の練習に来たり、工事の人がトンチンカンチンやっていたのにいつの間にかだ~れもいないし。

さらに完成した後も写真を撮るのにあっちこっち動かしたりして、結局教会を出たのが8時半ごろ。
長々とやってしまってKさんごめんなさ~いっ。
たぶん最長記録なんじゃないかしら^^;


外から帰るとリースが迎えてくれるので毎日とても嬉しくなります。
Advent Sunday(今年は11月28日)を過ぎて、ご近所でもちらほらリースやツリーを飾っているようです。
どんな雰囲気のものを飾っているのか、注意して見てみたいと思います。


オマケ☆
飾りをいくつか頂いたので、グリーンの余りと一緒に飾ってみました!
(Kさんのアイデアを拝借。。)
b0132411_0525010.jpg

[PR]
by miepoohsuke | 2010-12-06 01:00 | フラワーアレンジメント(Flower)