2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Frame Vase

8月12日の作品。

フレームを使った花瓶のアレンジ。

去年はフレームを花瓶の中に入れたので、今回は花瓶の外に作ることにしました。
縦長の同じ花瓶を使ったので、構想が前回と似てしまったかな。。
左上まで長い枝が伸びてます(バックが黒なので見にくいですが)

b0132411_2146505.jpg

b0132411_21471887.jpg

b0132411_2147548.jpg


[使った花材]
(お花)
・ひまわり(Sunflower/Helianthus)
・グラジオラス(Gladiolus)
・カーネーション(Carnation/Dianthus)

(グリーン)
・アイビー(Ivy)
・アスパラガス(Asparagus)

[作り方など]
枝でフレームを作る際、花瓶の中に入れるのか、それとも花瓶の外側にフレームを作るのかを決め、全体のできあがりのイメージを描く。

◆フレームを花瓶の中に入れる場合
 メリット:持ち運びやすい
 デメリット:水が汚れやすい

◆フレームを花瓶の外に作る場合
 メリット:水が汚れない、小さな花瓶でも大きなアレンジを作ることができる
 デメリット:動かすのが大変

まずはフレーム作り。ワイヤーを使って組み立てる。
安定感が必要。
交差する枝がいくつかあるとお花が安定してよい。

お花を入れていく際、せっかく作ったフレームの線を隠さないよう、最低限の本数でいかにきれいに見せるかを考える。

Visual Balanceを考える。(左右、上下とも)
Actual Balanceを考える。(花瓶が倒れないように)

[感想など]
この日は肌寒い一日で、作業中ずっと暖房を使っていました。教会は特に冷えます。。
ですが、作った作品は「夏」を思わせる仕上がりになりました。

ひまわり:茎が太いのでオアシスに使うことは恐ろしくてできないのですが、花瓶にはちょうどいい!と思って選びました。

グラジオラス:背が高いのでダイナミックなアレンジになると思いました。適度にお花も咲いて、お花の色も透明感があってきれい。トップのお花は咲かないので、あらかじめ1つか2つを取り除いておく。

カーネーション:この色合いがシックでセクシーで絶妙でいいっ!黄色と組み合わせるのはちょっと奇抜?とも思ったけれど、アレンジ自体のデザインがモダンだしいいかなぁ~と思って買ってみました。

今回のお花は全部近所のスーパーで購入。
市場のいつも行っていたお店が最近縮小してしまい、本数の少ない束ではあまり売らなくなってしまったのです。いくら安くても大量だとそれなりに高くつくし、遠いし・・と思って今回は簡単に済ませてしまいました。
それでもカーネーションの色など、ちょっと珍しい素敵な色のものが買えてラッキー。

フレームにピンクの棒を混ぜてみました。
全体的に軽やかな印象になったと思います。

今回もフラットを入ってすぐの鏡のところに飾ってみました。
(帰りのバスの中で枝の先っぽが2度に渡って折れてしまいましたが・・)
大きなアレンジになったので、広いスペースに置くと映えると思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-08-13 22:12 | フラワーアレンジメント(Flower)