2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本語教師の学校(前半)

学校へ行くのは週2日(私たちのタームは火曜日と木曜日)、授業は13:00~14:30、14;45~16:15の90分授業が2コマでした。

「30分以上の遅刻をすると欠席扱い、遅刻が5回で欠席になる」という規則。
自由気ままな生活に慣れてしまった私には、非常に厳しいルールに思えました。
しかもここはロンドン。交通機関が乱れることはしょっちゅうです。自分のせいじゃなくても遅れてしまう可能性大。
地下鉄を2本とバスを乗り継いで行かなければならないので、毎回学校が始まる2時間前には家を出るようにしました。
幸いなことに朝一番の授業ではなかったので、低血圧で朝の弱い私でも余裕を持って出かけることができました。

授業は、「言語学」、「音声学」のような専門的なものもありました。
この辺りは内容が難しいし退屈だし、しかも出されるレポート課題は抽象的で難しいし、気が重くなる科目でした。

でも、文法や語彙など、日本語を改めて勉強する授業はとても楽かったです。

たとえば、文法の授業での時制についての話。

[例文]
・明日、その映画を観る。
・今、ここにりんごがある。
・さっき、ここにりんごがあった。
・昨日、その映画を観た。

この四つの文の時制は?
明日、その映画を見る。→未来
、ここにりんごがある。→現在
さっき、ここにりんごがあった。→過去
昨日、その映画を観た。→過去

「時を表す言葉」があるので、時制はすぐにわかります。

では、その「時を表す言葉」がない場合はどうなるか。
・その映画を見
・ここにりんごがあ
・ここにりんごがあっ
・その映画を観

この場合でも、未来、現在、過去、過去になることが即座にわかります。

英語の場合は現形、未来形、過去形とありますが、日本語には「~る」と「~た」の2種類で3つの時制を表すことができます。もっと言うと「~る」の形は動詞の種類によって現在を表すものと未来を表すものに分かれるのです。


あぁ~確かにっ!!
と大きくうなずいた瞬間でした。
当たり前のことだけど、全く意識していなかった!
こういう発見は「おもしろい」と感じ、授業への集中力も高まります。

その他にも自分が普段使っている日本語を見つめなおす機会がありました。
「普段『昼ごはん』と言いますか、『ランチ』と言いますか。」
と言われ、「ランチ」と答えたのですが、
「では日本語を教える場合はどちらで教えますか」
と聞かれました。

「教えるとなれば『昼ごはん』になるのではないか」と私は答えました。
理由は「昼ごはん」を教える時は「朝ごはん」も「夜(晩)ごはん」も一緒に教えると思うので、「朝・昼・夜(晩)」+「ごはん」という法則ができてわかりやすいのではと思ったからです。
(先生から「正解・不正解」ということは何も言われませんでしたが・・)

他にも「空港」と言うか「飛行場」と言うか。
「ノート」と言うか「帳面」と言うか。などなど。。

言葉は年齢層や、男女の性別、使われる地域、使われる場面(友達同士の会話なのか、ビジネスでの会話なのか)等によっていろいろ変わってきます。

そのことをふまえ、学習者の特徴、学習目的などにふさわしい日本語を教えることが必要になるのです。

やっぱり日本語って複雑~っ!
一つの項目を教えるにも、教える対象によって変えていかなくちゃいけないなんて大変だわぁ。。


他には、中学校の国語で習った「活用」もやりました。
「未然・連用・終止・連体・仮定・命令」
「ない・ます・○・とき・ば・○・(う/よう・た/て)」
「かろ・かつ・く・い・い・けれ・○」 など。
懐かしい~っ!!


90分の講義は意外とあっという間に過ぎました。
長い時間おとなしく座ってるなんてできるかしら・・っていう不安があったけど、そんなのは必要なかったみたい。
興味深い内容が多くて自然と集中できたようです。

ただ、恐ろしいのが授業後に出されるレポート課題。
すべての授業ではないのですが、最初の頃は授業に出るたびに次々に課題が課されていきました。
締め切りはどの科目も3月上旬。

参考書や資料を調べないとできない課題も多いし(家にないので学校の文献室で調べる)、どうやって書き出したらいいか全く浮かばないものもあったりして、そんな状態なのに課題がどんどん増えていくのは精神的に負担がかなり大きかったです。

途中までは習い事も継続していましたが、その時間も惜しくなって、学校のことに集中するために他は一切中断することにしました。
週2日の学校とはいえ、家で机に向かう時間が相当あったので、「かなり勉強した!」という実感がありました。

レポートの締切日に全部の課題を提出し終わって、「やれやれこれで一息つけるわぁ~」
なんて思ったのもつかの間、直後には教育実習が始まりました。

本当に息切れしそうだったわ。。^^;
[PR]
by miepoohsuke | 2010-05-21 07:18 | ロンドン(London)