2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Afternoon Tea @Milestone Hotel

昔ダイアナ妃が住んでいたケンジントン宮殿のすぐ近くにあるMilestone Hotelでアフタヌーンティーをしてきました。

雑誌RSVPにも載っていたし、友だちのお勧めだったので期待大。
ホテル自体あまり大きくはなく、邸宅におじゃまするような感じ。とっても高級感があって素敵です。

フロントで友だちを待っている間、ホテルの各部屋の写真を見ていましたが、どこも超豪華☆
さすが5つ星です。
このあとのTeaがますます楽しみに^^

お茶をいただくのは暖炉のあるお部屋。
家具、調度品も歴史あるものなのかしら、、
ついつい背筋がピンと伸びてしまいます。
この部屋も大きくなく、5組程度しか座れません。
予約がすぐにいっぱいになっちゃいます。

さて、お茶は何にしようかな~とウキウキしていたのですが、どうも座り心地が悪い。。
床の振動が体全部に伝わってきて落ち着かなかったのです。

3人が座っているどの席もずっと振動していて、とても優雅にお茶してるどころではないっ!
ホテルの人に、「ちょっとここ座ってみて、なんか、、」と言いかけると、「あぁ~揺れるんでしょ?」みたいなことをすぐ返してきた。
知ってるのにそのまま座らせたってワケ!?

で、席を替えてもらうようにお願いしたら、「今日は全部予約でいっぱい」と言われ、では「他の席と交換して」と言うと、「席を特定して予約をしているから変えられない、、」と。

担当した若い男の子も私たちが何か言うたびに、何度も奥に引っ込んではえらい人に聞きに行ってくれたけど、何度も断られました。

いくらおいしいものを出されたとしても、絶えずこの振動では体がおかしくなる、と思い、どうしても席がここしかないというのならもう諦めよう、と決断しました。

その後結局、食事用の別の個室に案内してもらえました。
しばらくは振動の余韻もあって、体中がブルブルしていておかしな感覚だったけど、ちょっとしたら落ち着きました。

さてさて、気を取り直して注文注文♪
ダージリンティーを頼みました。

3段スタンドはこんな感じ(3人分)
b0132411_7221079.jpg

ここのサンドイッチ、すっごいおいしい~♪
特に手前のナッツがついた丸いサンドイッチなんて最高~^^
テンションがあがってきました。
おなかペコペコだったのでペロリでした(写真は2人分ですっっ)
b0132411_7291944.jpg


2段目のスコーンも絶品っ!
今まで食べた中で1、2を争う感じかな。
外がサクっ、中がフワっとしていて♪♪

このおいしさで、さっきまでのイザコザをすっかり忘れていた単純な私でした。。

途中、支配人のような人が謝りに来ました。
「地下鉄が真下に走ってるせいでどうしようもないんだ。」って。
本当に対策はないのかなぁ?!?
毎回お客さんが不快に思うのはわかっているのに。。
とっても感じのいい人でしたけど。

サーブしてくれた何人かもみんないい人たちでした。
だから余計にその一件がなければパーフェクトだったのにな。。残念。

おなかが満たされ、友だちとの久しぶりの会話も弾む弾む。
さすがにケーキまではたどり着けず、持ち帰りにしてもらいました。
ケーキには当たり外れがあったけど、クッキーはメチャうまでした。

帰り際、お茶をした部屋と隣の暖炉つきの部屋の写真を撮りました。
白いテーブルクロスに赤のリボンで十字にしてあるのは、イングランド国旗みたい。
b0132411_7374923.jpg

かっこいい部屋!
b0132411_7383886.jpg


味もサービスもトータル的に満足です。
他の席だったら他の人にもおススメできるかな。
[PR]
by miepoohsuke | 2010-02-14 07:46 | 外食(Restaurant)