2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Llanberis-Snowdonia National Park-(Wales)

翌日8月24日、夕べの大雨は止み、朝から晴天!

この日はレンタカーを借りて、ウェールズに初上陸♪
チェスターから西に数分車を走らせると、もうウェールズ。
あっという間に緑の風景に変わります。
b0132411_16594865.jpg

途中、お城が見えたので立ち寄ってみることに。
Bodelwyddan Castleです。
b0132411_1732734.jpg

ヴィクトリアンスタイルのカントリーハウス。
ウィリアム一族の館で、19世紀後半まで住んでいたらしい。
第一次世界大戦中は、救護施設としても使われたようです。

財政難に陥り、このお城はウィリアム家から女学校へ渡り、20世紀前半から後半までは、女学生の寄宿学校にもなったようで、写真がたくさん展示されていました。

ヴィクトリア時代の遊びの紹介で、実際に楽しめる部屋もありました。
おもしろ鏡(鏡自体が歪んでいて、映った姿が超デブになったり超短足になったりする)とか、影を使って絵を転写する方法とか、くるくる回して絵が動いて見える仕掛けとか。。

敷地は広大で、迷路とか立派な庭園があるようだったけど、時間がなく残念ながらそちらまでは行けませんでした。
お城の脇にはホテルもありました。


再び車でスランべりスに向かいます。
間もなく海が見えてきた!
b0132411_17443093.jpg

スランベリス(Llanberis)到着!
b0132411_17465748.jpg

上記写真はパダルン湖(Llyn Padarn)。

本当は「スノードン山岳鉄道」に乗って、スノードン山の頂上まで登るつもりでした。
が、、8月で夏休み真っ最中、しかも天気良好とあって、切符が完売だったのです・・泣
予約した方がいい、なんてガイドブックのどこにも書いてなかったよォ~。。悔
(ちなみに元気と時間があれば歩いて登ることもできます。私たちはどちらもないので断念。)

あ~ん、ガッカリ。。

でしたが、湖畔から眺める山の景色がとってもすばらしく、この近辺を歩くのは気持ちよかったです。
蒸気機関車も走ってます。
これは「スランべりス湖畔鉄道」
それぞれ色が違ってかわいい^^ (こちらは予約なしで乗れるようでした)
b0132411_17484776.jpg

b0132411_17493987.jpg


近くの「スレート博物館」にも行ってみました。
入場無料なのに、これがなかなかおもしろかった!
b0132411_18165195.jpg

b0132411_18174271.jpg

b0132411_1818363.jpg

今では廃れてしまったけれど、スレート鉱山があり、昔はその産業が盛んだったよう。
映像でその歴史を見ることが出来たり、別の部屋では、スレートを薄くしたり、形を整えたりする実演をしてくれました。
石の板なのに、縦方向の筋が入っているのか、道具を使って軽くコンコンと叩くと、いとも簡単に、パカっとはがれるようにして、薄い2枚の板に分かれるのです。
(うまく表現できなくてスミマセン・・^^;)
観客の女性も試してみたけど、きれいにパカっとできた!

スレート自体ほとんど知らなかった(意識したことがなかった)けれど、おもしろい素材。
新たな発見でした^^


もし登山鉄道に乗っていたら、往復2時間半もかかるし、山だけで終わってしまったかもしれないけど、こうして新たな知識も得ることができて、結果オーライということに^^

天候に恵まれて本当に感謝!
人が多くて賑やかな雰囲気もまたよかったな!

湖畔でサンドイッチを食べた後、再びチェスターへ戻りました。
夜の電車でロンドンへ。

あぁ~楽しかった!
また来たいなぁ♪
[PR]
by miepoohsuke | 2009-09-19 18:26 | 旅行(Travel)