2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Jungfraujoch

二日目。天気良好♪

いつもの旅行中よりちょっと早起き。
今日はこの旅行のハイライト、ユングフラウヨッホに向かいます。

前日インターラーケン駅で無料の時刻表をもらっていたので、それに合わせて出発。(9:47)
グリンデルワルドからは一回乗換えです。

切符はスイスパスを持っているので割引が効き、往復一人108.50スイスフラン(約10,000円)でした。
(最初のヴェンゲンアルプ鉄道が50%引き、二つ目のユングフラウ鉄道が25%引き)
ちなみにスイスパスは3日間有効のフレキシーパスで一人125ポンド(約19,000円)でした。
いろいろ含めると結構高いです。

そうそう、スイスはとにかく物価が高いっ!!
昨日チューリッヒ駅に到着してすぐ、プレッツェルのスライスにバターとハムがサンドされただけのパンが一つ7フラン(約700円)もしました。
こんなシンプルなパンなのに・・
衝撃的な旅のスタートでした。。

ロンドンに初めて来た時の衝撃と似てる。。^^;
でも今となって思えば、スイスに比べればロンドンはだいぶ安いです。
(今のポンド安のせいもあるけど・・)

でもウワサによると、北欧は更に高いらしい。。
物価が高い国では、お金のことを考えると何もできなくなっちゃいますね。

さて、ユングフラウヨッホ駅はメンヒ(Monch/4099m)とユングフラウ(Jungfrau/4158m)の中間地点にあり、標高3454mにあるヨーロッパの最高駅"Top of Europe"です。

登山電車は急勾配を力強く登っていきます。
後半はずっとトンネルの中。
途中二駅で5分ずつ停車し、標高に体を慣らしつつ、窓越しに真っ白の雪山を見ることが出来ます。
万年雪に覆われて、ゴツゴツした山肌が所々に見え、迫力満点。
気温もだんだん下がってきたので、フリースを着ました。

ユングフラウヨッホ駅(トンネル内)に到着!!(11:22)
寒いので、ダウンジャケットと手袋着用。
(この日は3.8℃でした・・・暖かい方なのかな?)

まずはすぐ近くにあった「氷の宮殿」へ。
壁も床も全部氷でできています。
滑りそうでおっかないので、最初は手すりにしがみつきながら前へ。
(慣れてくると手すりなしでも歩けます)
b0132411_1912181.jpg

b0132411_19142770.jpg


いよいよ外へ!
雪の反射でまぶしいっっ!!!
b0132411_19184246.jpg

b0132411_19192348.jpg

(レストランでもらった楊枝の旗と)
b0132411_19194969.jpg

日本の郵便ポストがありました。
ユングフラウ山頂郵便局と、富士山五合目郵便局が提携しているそうです。
b0132411_19224360.jpg


スフィンクス展望台へ。
b0132411_19274095.jpg

足元が鉄の網になっているので、ちょっと足がすくみ、おなかもヒヤっと。。

ユングフラウ(左側)
b0132411_192999.jpg

メンヒ
b0132411_19294812.jpg


村から見上げる山もいいけれど、やっぱり上から間近に見る雪山の迫ってくる感じが本当に感動です。
自然ってスゴイっ!

こんな高いところまで、電車でらくらく上がってこれて、これを作った人のご苦労を思うと頭が下がります。
(でも観光客はひっきりなしだし、電車代は高いし、かなり儲かってるでしょうね^^)

大満足で山を降り、乗り換え駅のクライネ・シャイデックでちょっと休憩。
ここからの眺めも素晴らしいです。
赤いユングフラウ鉄道もかわいい^^
b0132411_1939144.jpg


お茶を飲み始めると空には急に黒い雲がモクモクと現れてきました。
それから5分としないうちに、ものすごい強風と雨、更にはあられまで降ってきて大荒れになってしまいました。
山の天気はやっぱり変わりやすいですね。
レストランの店内に避難できてよかったです。
早めにてっぺんまでいっておいてよかった^^

しばらくすると、すっかり青空が戻ったので、少しハイキングをすることに。
道が二股に分かれているところで、線路沿いの方に進んで行きました。
b0132411_4242268.jpg

b0132411_426675.jpg

最初のうちは順調で、山を見ながら楽しげに歩いていたのに、急に道がなくなってしまいました。
線路沿いを行けば安心♪と思い込んでいたのが大間違いっっ!!

線路はとんでもない崖を通っていくし、所々雪が残る道もない場所を進むのはキケン。
仕方なしにUターン。。。

そんなことをしていたらまた空には怪しい雲が。。
遠くでゴロゴロ雷まで鳴ってるし・・
おとなしく電車で帰る!?
ハイキングしたかったのになぁ・・

と迷っていると、私たちの前を2組がハイキングコースを進んで行きました。

それに勢いづけられ、せっかくだし私たちも行くことに♪

でも空の様子が相変わらず微妙で、天気を気にしながらだったので、雨が降っては困ると思い、すごく焦りながら必死に歩きました。
景色を楽しむ余裕がなく、写真も一瞬で納める。
カメラの角度とかズームとか、そんな悩む時間は一切ナシ!
b0132411_4285756.jpg

b0132411_4294173.jpg

b0132411_432732.jpg

b0132411_438565.jpg

b0132411_4394245.jpg

なんとか日が暮れる前に駅に着きました。
b0132411_4404772.jpg

アレ、でも電車ってまだ動いてるの!?
急に不安に。。

最終電車18:48分。
約15分前でした。セーフっ!!
「この先はかなり急になるので、行ける!と思っても電車に乗ったほうがいい」とホテルの人に言われていました。
なので、電車がなくなってしまったらどうすればよかったのでしょう・・
タクシーなどないし。
間に合って本当によかった。
結局雨にも降られませんでした^^


ホテルに戻り、今日もスパに入ってリフレッシュした後、ホテルのテラスレストランで夕食。
日没時のアイガーの眺めもまたきれいでした。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-05-30 04:57 | 旅行(Travel)