2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Rye

5月4日(月)はBank Holidayでした。
貴重な三連休でしたが、この時期夫の仕事が忙しくて旅行どころではないことが予めわかっていたので、遠出の予定はしていませんでした。

連休最終日のこの日だけは、何とか休めそう、ということで、車でRye(ライ)という町に行ってきました。
ロンドンからは南東に下っていき、約2時間で到着します。電車でも2時間ほどで行くことができます。
今回から私たちをナビが連れて行ってくれます☆

この町、もともとは海に面していたようで、海賊の町だったそうです。
今となっては海は遠くなってしまったけど、高い場所からは海が見えるし、かもめなどの海鳥はあちこち歩いたり飛んだりしていました。

この町は小さいので半日ほどあればぐるりとまわれます。
ちょうど祝日とあって、駅前の駐車場ではマーケットが開かれていました。
大したものは売ってなかったけど。。

駅は結構立派。
b0132411_2194133.jpg

田舎によくあるのんびりほのぼのした感じ。
Signal Boxって書いてあり、中から人が出てきたので、ここで操作してるのかな。
b0132411_2174197.jpg

さて、いざ町中へ。

ドライブ途中からツーリングをしているバイク集団をよく見るなぁと思っていたら、インフォメーションセンターの大きな駐車場スペースに何十台、いや何百台!?ものバイクが・・
どうも「バイク=ヤンキー」のように思えてしまって、しかもこれだけ集まると恐ろしい。。

ただ、町のなかの道はとても狭く、石畳や坂も多いので、中までバイクが入ってくることはなかったので助かりました。

Ryeで一番絵になる場所、Mermaid Street。
結構急な坂道です。
b0132411_2261824.jpg

b0132411_2313313.jpg

b0132411_232498.jpg

坂の途中にある"Mermaid Inn"でランチタイム!
b0132411_239987.jpg

1420年創業!?!
中の雰囲気も歴史が感じられます。
本によると、「その昔は密輸を請け負う悪名高き船乗り達のたまり場だった」そう。
b0132411_2363285.jpg

パブ兼宿屋になっているので、奥にはくつろげる場所やレセプションなどがありました。
b0132411_2433717.jpg

夫はSeafood Platter(魚介の盛り合わせ)、私は"Tempura"(天ぷら)の文字に惹かれてそれを注文。
料理が出てきて、あぁ~失敗。。。

魚介の盛り合わせは本当にてんこ盛り。食べ切れません。。二人で一つでも多いくらい。
そして"Tempura"はただの"Fish & Chips"でした^^;
好きだからいいんですけどね、、でも日本の天ぷらを想像して待っていたものですから、かなりショック。。
写真も撮り忘れました。

気を取り直して、散策を再開。
St. Mary's Churchには「動いている時計の中で英国最古」の大時計があります。
中に入ると、天井に吊る下がった振り子がゆ~らゆら。(時計部分は見えません)
教会入口の隣から階段を登っててっぺんまで行くことができます。
これは有料。一人£2.50だったかな。確か・・

いきなりこの階段。。
狭すぎるんじゃ・・!?
b0132411_301054.jpg

だって、体を斜めか横にしないと通れないんですよ!
日本人はいいけど、こちらには大きな方々がたくさんいらっしゃるし、通れない人もいるはず。その時は入口で止めてくれるのかなぁ。でもそんなことして差別ってとがめられても困るしねェ。。

途中には先ほどの時計の駆動部分が。
b0132411_334249.jpg

鐘も。
こんな間近で鳴り始めたらたまらないっ!とちょっと急ぎ足に。
b0132411_353195.jpg

斜めになった扉を開けると・・
b0132411_365913.jpg

ジャジャーンっ!!!かわいい町が一望できます♪
b0132411_3115241.jpg

b0132411_3124086.jpg

遠くにうっすら海が見えます。わかるかなぁ。。
b0132411_314466.jpg

b0132411_3153226.jpg

b0132411_3165943.jpg

風が強くて冷たくて、雨もパラパラしがちだったのですっごく寒かったです。
でも登って大正解!
お金払っても登る価値アリです!

そうそう、この教会900年以上も経っているそう。すごい。。
b0132411_3192812.jpg


体が冷えたのでお茶でも。。
1920年創業のRyeで一番古いティールームがすぐ近くにあります。
b0132411_3231832.jpg

ウィンドウのお菓子もなかなか^^
b0132411_3243150.jpg

でも残念ながら満席。
仕方なく隣のティールームに入りました。。

散策の続き。
振り返ると先ほどの教会が見えました。時計も見えた♪♪
b0132411_3275178.jpg

b0132411_3283227.jpg

この時期は藤がきれいです。
b0132411_4495896.jpg

b0132411_4522354.jpg

最後に、"Land Gate"へ。
14世紀にエドワード3世が建てた城門。
ここから海の向こうのフランスを見張っていたのでしょうね。
b0132411_4554324.jpg


この日は2年間お世話になった我が家の車、Rover("老婆")での最後のドライブでした。
ラジオが壊れたり窓が壊れたり、さすがにいろいろ支障が出てきたのでお別れすることに。
私たちはあまり遠出をしなかったけれど、代々たくさんの人を乗せ10万マイル以上も走った車(94年式)なので、かなり役目を果たしてくれたんじゃないかと思います。
事故も起こさず無事乗ってこれました。どうもありがとう!

次は日産車になりま~す。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-05-19 05:11 | 旅行(Travel)