2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Oxfam

昨年の8月よりOxfamというチャリティショップでボランティアをしています。
お給料は出ないけれど、地域とふれあうのにとてもいい機会です。
英語の勉強にもなるし。

このお店では寄付された洋服・本・食器など、さまざまなものを販売しています。
イギリスだけでもOxfamの店舗は数百はあるようで、私が働くNotting Hill店の近辺にも3軒あるし、ロンドン市内のハイストリートを歩けばほぼどこにでも存在するほどメジャーです。

袋いっぱいに寄付の品物を持ってくる人が毎日大勢いて、店内はいつもなかなかいい品揃えです。
もちろん、寄付された物の中には商品どころかただのゴミとしか思えないものもた~っくさん入ってますが・・
お客さんの中には掘り出し物があるかと、しょっちゅうお店に通っている人も多いです。

Oxfamは日本でも活動しているのですね。知らなかった・・

Nottting Hill店はイギリス国内で売上が一位・二位をいつも争うほどいい成績を上げているようです。
過去に数回ビクトリア・ベッカムがお買い物しているところが新聞に載ったりしているんです。

今日(火曜日)は私が働く日でしたが、ちょうどBBCの人が来て、「高いお金を払わずにいいものを賢く買い物する」みたいなことを報道するとかで、狭い店内で撮影していました。
今日の放送だったのか、いつになるのか、ちょっと見てみたいなぁ。

お客さんもお店の趣旨を理解してか、好意的な人の方が多いです。
たまにすごく文句を言ってくる人もいますが・・
(そういう時は「私ボランティアなんだけど・・」って言いたくなります。)

お客さんと目が合うとお互いに"Hello"って言うし、買った後はお客さんの方も必ず"Thank you."と言うし、"Have a nice day!"なんて言ってくれる人もいて、こちらも嬉しくなります。
これはやっぱり気持ちのいい習慣ですね。

一般的にイギリスのどこのお店も、店員はおしゃべりしながらとか、トロトロのんびりやっていてこちらがイライラさせられることも多いので、逆に店員側に立つと、お客さんは比較的おとなしく順番を待ってくれているような気がします。
日本だったらちょっとありえないような非効率なこととかもあるかなぁ、、やっぱり。。

せっかく楽しく働いているボランティアですが、来週から火曜日は「布のインテリア」の教室に通うことにしたので、しばらくお休みします。
また4月以降、曜日が合えば再開するつもりです。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-03-18 11:38 | ロンドン(London)