2006年9月に夫の転勤により渡英。ロンドンでの、のほほんな日々を綴ります。 2011年8月、バルセロナに引っ越しました。


by miepoohsuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

St.Paul's Cathedral

3月7日(土)、セント・ポール大聖堂を見学してきました。

ロンドンの観光スポットとして有名なこの大聖堂。
皇室や偉人の結婚式、葬儀などが行われる場所でもあります。

夫の会社もセント・ポールのすぐ裏手にあるし、日本から家族や友人が来れば必ずテムズ川、ミレニアムブリッジとセットでこの辺りは散策します。
ただ、中には一度も入ったことはありませんでした。

今回夫が突然「行こうっ!」と言い出したので行ってみたのですが、ロンドン赴任になってもうすぐ2年半になろうというのに、一緒にロンドン観光をしたのは初めて。

私はお客さんが来ると一緒にあちこちまわるけれど、夫には全くそんな機会がなかったのです。
土日はいつも仕事をするか、疲れて寝てるか。。
彼は大英博物館にすらまだ行ってない。。


ちょうどこの日は結婚式が行われていたようです。
セレモニーをどこでやったのかは不明ですが(地下のチャペルかな・・)、ロンドンバスがおめかししていましたよ。
b0132411_427387.jpg

先頭の文字は、
"WEDDING DAY SPECIAL" "JUST MARRIED!"

後ろのバスには、
"WEDDING DAY SPECIAL" "CONGRATULATIONS!"
と、書いてありました。

歴史あるこの大聖堂で行うだなんてスゴイ!さぞかし盛大な結婚式だったことでしょう。

外観はこんな感じ。大きいです。
(正面)
b0132411_440458.jpg

(裏側)
b0132411_4413461.jpg

この場所に1400年前から存在するのですが、ロンドン大火があり、現在の姿になったのは300年前だそうです。

入場は有料。
大人一人11ポンドもしました。
(今のレートで換算すればビックリするような値段ではないかもしれないけれど。)

中はとても重厚な感じがしました。
豪華だけど派手ではなく、歴史の深さを感じられるというか何というか。。

まずは一階をひとまわりしてから上(ドーム部分)に階段で上がりました。
初めに257段のらせん階段を上がり(エレベーターもあります)、「ささやきの回廊」(内側)にたどり着きます。
一周ぐるっとまわることができます。
何人かが壁に耳をくっつけているので何かと思って真似てみたら、壁を伝って人の声が聞こえてくるのです。
「ささやきの回廊」と呼ばれる所以ですね。
説明書によると、32メートル離れたドームの反対側まで聞こえるそうです。

さらに階段を119段上っていよいよ外側へ。
「石の回廊」です。
ここでも一周ぐるりとまわれ、テムズ川、フリートストリート、ロンドンアイなどが見えました。

本当はさらに152段上って「金の回廊」に行けるのですが、今回は閉鎖されていて、残念ながら上れず。
かなり高いので、天気のいい日であれば相当遠くまで見えるんじゃないかな。
これは次回の楽しみにしておきます。

下まで降りて、今度は地下へ。
ネルソン卿、ウェリントン公のお墓やナイチンゲールの記念碑がありました。

夫は仕事に戻りましたが、私はしばし残って夕方の礼拝の賛美歌を聴いてから帰りました。

今回のを機に、今後もロンドンの有名な建物や場所を、あちこち積極的に訪れたいと思います。
[PR]
by miepoohsuke | 2009-03-10 05:08 | ロンドン(London)